2015年06月

去る6月28日、数年ぶりの開催となる北海道レガシーの祭典
Magic Fight Clubが行なわれました!
magicfightclub
参加者はなんと25名!
中には普段スタンダードを遊んでいて、最近レガシーを始めたプレイヤーの方もいらっしゃり
今後の北の大地でのレガシーの行く末を占うかのような様相を呈していました。

0628mfc2
0628mfc3
スイスラウンド5回戦の《勇壮な戦闘/Epic Struggle》の末、勝ち残ったのはこの8名!
その後トップ8でシングルエリミネーションを行い、優勝は画像下段中央のイノウエさんが繰る
URデルバーデッキでした。おめでとうございます!
0628mfc

UR Delver - Inoue Masanao 1st Place at MFC on 06/28/2015
Creature(12)
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》

Spell(32)
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《二股の稲妻/Forked Bolt》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
4 《時を越えた探索/Dig Through Time》
Land(16)
4 《Volcanic Island》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Sideboard
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
2 《発展の代価/Price of Progress》
2 《粉々/Smash to Smithereens》
2 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
2 《水没/Submerge》

Elves - Watanabe Kenji 2nd Place at MFC on 06/28/2015
リスト非公開

青黒ポックス - Sugita Tsubasa 3rd Place at MFC on 06/28/2015
Spell(36)
2 《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
3 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《冥府の教示者/Infernal Tutor》
3 《Hymn to Tourach》
4 《小悪疫/Smallpox》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
2 《毒の濁流/Toxic Deluge》
4 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2 《Nether Void》
2 《時を越えた探索/Dig Through Time》
Land(24)
1 《ダクムーアの回収場/Dakmor Salvage》
1 《沼/Swamp》
2 《Bayou》
2 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
2 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
2 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
3 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《Underground Sea》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《不毛の大地/Wasteland》

Sideboard
2 《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《苦花/Bitterblossom》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《クローサの掌握/Krosan Grip》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
3 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》

canadian threshold - Takase Tatsuya 4th Place at MFC on 06/28/2015
Land(18)
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《Volcanic Island》
3 《Tropical Island》
4 《不毛の大地/Wasteland》

Spell(30)
4 《思案/Ponder》
2 《二股の稲妻/Forked Bolt》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《もみ消し/Stifle》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
Creature(12)
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》

Sideboard
1 《被覆/Envelop》
2 《水没/Submerge》
1 《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
1 《四肢切断/Dismember》
1 《呪われたトーテム像/Cursed Totem》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
2 《乱暴/Rough》+《転落/Tumble》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
3 《紅蓮破/Pyroblast》

おちんちんリアニ - Uchiyama Yasuyuki 5th Place at MFC on 06/28/2015
Land(15)
2 《沼/Swamp》
1 《島/Island》
3 《Underground Sea》
1 《Bayou》
1 《Tropical Island》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》

Creature(11)
4 《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》
3 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1 《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1 《灰燼の乗り手/Ashen Rider》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
Spell(34)
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《入念な研究/Careful Study》
3 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
3 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4 《再活性/Reanimate》
4 《納墓/Entomb》
4 《死体発掘/Exhume》
3 《動く死体/Animate Dead》

Sidebord
1 《強迫/Duress》
1 《虐殺/Massacre》
1 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《影武者/Body Double》
1 《墨溜まりのリバイアサン/Inkwell Leviathan》
2 《実物提示教育/Show and Tell》
3 《Force of Will》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《真髄の針/Pithing Needle》

Nora ignition drive - Nakano Yusuke 6th Place at MFC on 06/28/2015
Land(16)
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《Volcanic Island》
2 《Underground Sea》
1 《島/Island》

Spell(29)
4 《稲妻/Lightning Bolt》
2 《二股の稲妻/Forked Bolt》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《目くらまし/Daze》
3 《Force of Will》
2 《時を越えた探索/Dig Through Time》
2 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
Creature(15)
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》

Sideboard
2 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《発展の代価/Price of Progress》
1 《電謀/Electrickery》
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1 《粉々/Smash to Smithereens》
1 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《水没/Submerge》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》

ナヤ・キャッツ - Tazawa Masaki 7th Place at MFC on 06/28/2015
Land(20)
2 《平地/Plains(M15)》
1 《森/Forest(M15)》
1 《山/Mountain(M15)》
2 《Savannah(3ED)》
2 《Plateau(3ED)》
1 《Taiga(3ED)》
4 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath(KTK)》
2 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills(KTK)》
3 《乾燥台地/Arid Mesa(ZEN)》
2 《魂の洞窟/Cavern of Souls(AVR)》

Creature(27)
4 《野生のナカティル/Wild Nacatl(ALA)》
4 《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZEN)》
4 《壌土のライオン/Loam Lion(WWK)》
4 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage(ARB)》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben(DKA)》
3 《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos(BNG)》
Spell(13)
4 《稲妻/Lightning Bolt(M11)》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares(CNS)》
2 《稲妻のらせん/Lightning Helix(RAV)》
2 《ボロスの魔除け/Boros Charm(GTC)》
1 《森の知恵/Sylvan Library(5ED)》

Sideboard
2 《二股の稲妻/Forked Bolt(ROE)》
1 《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War's Wage(SOK)》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace(RTR)》
1 《ドムリ・ラーデ/Domri Rade(GTC)》
2 《血染めの月/Blood Moon(9ED)》
2 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex(CNS)》
1 《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant(ALA)》
4 《神聖の力線/Leyline of Sanctity(M11)》

MUD - Ichizawa Hayato 8th Place at MFC on 06/28/2015
Land(22)
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《大焼炉/Great Furnace》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《山/Mountain》
3 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory》

Creature(20)
4 《金属細工師/Metalworker》
4 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
3 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
3 《カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster》
1 《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite》
4 《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》
1 《荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus》
Artifact(15)
4 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
1 《威圧の杖/Staff of Domination》
3 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
2 《からみつく鉄線/Tangle Wire》
1 《三なる宝球/Trinisphere》

Planeswalker(2)
2 《屑鉄の学者、ダレッティ/Daretti, Scrap Savant》
1 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

Sideboard
2 《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
1 《三なる宝球/Trinisphere》
2 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
2 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1 《防御の光網/Defense Grid》
2 《血染めの月/Blood Moon》
2 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
3 《唐突なる死/Sudden Demise》
終わってみれば、コンボあり、コントロールあり、非青系デッキありと
非常にバランスのとれたメタゲームとなりました。

これからレガシーを始める人も「意外と即死系コンボデッキって勝ち上がらないんだな」と
思ったことでしょう。そう、レガシーではまだフェアデッキでも勝てる土壌があります!
これを見てやる気が出た方は是非、次回MMFCでお待ちしてます!

※ただいまデッキテク、トップ8の対戦動画を製作中です。推して待て!

1100人超が参加した、モダン・グランプリ3連戦のフィナーレ
グランプリ・シンガポールの優勝を飾ったのは親和!
ravagerwhipflarebloodmoon
masaaki hitomi's affinity - grand prix singapore 2015(優勝)
creature (27)
4 《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4 《刻まれた勇者/Etched Champion》
4 《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
4 《信号の邪魔者/Signal Pest》
4 《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
2 《呪文滑り/Spellskite》
2 《メムナイト/Memnite》
3 《鋼の監視者/Steel Overseer》

artifact (17)
4 《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
4 《頭蓋囲い/Cranial Plating》
4 《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
4 《オパールのモックス/Mox Opal》
1 《溶接の壺/Welding Jar》
instant (4)
4 《感電破/Galvanic Blast》

land (12)
4 《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》
4 《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
3 《空僻地/Glimmervoid》
1 《山/Mountain》

sideboard (15)
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《四肢切断/Dismember》
1 《倦怠の宝珠/Torpor Orb》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2 《鞭打ち炎/Whipflare》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《血染めの月/Blood Moon》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《古えの遺恨/Ancient Grudge》

かなりオーソドックスな型です。
しかし親和といえば「島を1枚だけ差す青型(≪物読み/Thoughtcast≫入り)」か「基本地形なし型」が
主流だと思っていましたが、優勝者はなんと山を入れた赤型!
エルフ、マーフォークとここ最近のグランプリで部族デッキが流行しているため
《鞭打ち炎/Whipflare》を強く使えるということでしょうか。《血染めの月/Blood Moon》もいいですね。


disruptingshoalmandrill
joshua yang zhijian's temur delver - grand prix singapore 2015(8位)
creature (14)
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《わめき騒ぐマンドリル/Hooting Mandrills》
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》

sorcery (8)
4 《血清の幻視/Serum Visions》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》

tribal instant (1)
1 《タール火/Tarfire》

instant (19)
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《思考掃き/Thought Scour》
3 《頑固な否認/Stubborn Denial》
3 《マナ漏出/Mana Leak》
2 《撹乱する群れ/Disrupting Shoal》
2 《シミックの魔除け/Simic Charm》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
land (18)
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2 《蒸気孔/Steam Vents》
1 《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1 《繁殖池/Breeding Pool》
3 《島/Island》
1 《森/Forest》

sideboard (15)
4 《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》
3 《血染めの月/Blood Moon》
2 《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《引き裂く流弾/Rending Volley》
1 《焙り焼き/Roast》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
カナディアン・スレッショルド(ティムール・デルバー)といえば、レガシーを代表する
クロックパーミッションのひとつですが、かなり近いタイプがついにモダンで結果を残しました。
デルビアン・スレッショルドとでも名付けましょうか(うまくない)


nourishingshoalborborygmosenraged
11th jason chung's grishoalbrand
creature (14)
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
4 《世界棘のワーム/Worldspine Wurm》
2 《怒れる腹音鳴らし/Borborygmos Enraged》
4 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》

sorcery (8)
4 《夜の囁き/Night's Whisper》
4 《信仰無き物あさり/Faithless Looting》

instant (19)
4 《御霊の復讐/Goryo's Vengeance》
4 《滋養の群れ/Nourishing Shoal》
4 《魔力変/Manamorphose》
3 《捨て身の儀式/Desperate Ritual》
4 《裂け目の突破/Through the Breach》
land (19)
2 《山/Mountain》
5 《沼/Swamp》
2 《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
2 《血の墓所/Blood Crypt》
4 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4 《悪意の神殿/Temple of Malice》

sideboard (15)
1 《稲妻の斧/Lightning Axe》
2 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
2 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2 《粉砕の嵐/Shatterstorm》
3 《否定の契約/Pact of Negation》
4 《血染めの月/Blood Moon》
ここ最近結果を残している《滋養の群れ/Nourishing Shoal》型のグリセルシュート。
ついに"グリショール(群れ)ブランド"という名前をつけられました。
今大会TOP32にも2名を輩出しています。

モダンのピッチスペルとして一瞬だけ話題をさらったものの
その後は目立った活躍もなく、紙レアとして扱われていた≪群れ/Shoal≫サイクル。
中でも1、2を争う弱さとされていた青と緑の群れがこんなにも使われるとは誰が予想したでしょうか。
ここにきて、モダンの面白さの正体が何となくわかった気がしますね!

ファンクラブ、してますか?
握手会や人気投票で話題の某アイドルグループのように
日本人は追っかけやファンクラブといったコミュニティに縁が深い気がします。

MTG界を代表するファンクラブといえば、こちら!
nissaschosennissarevine
親衛隊≪ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen≫擁する、ニッサ・レヴェインファンクラブです。
今回の記事を思いついたのも、ここ最近PWニッサが続々とフィーチャーされているからです。
nissaworldawakenervastwoodseer
初代とカードパワーが違いすぎて…な面々。
昔の方がよかった…と感じるのは、インディーズ時代から応援してた歌手が
有名になってライト層に媚びていくのを見守るのと同じような郷愁でしょうか。


ファンクラブのハシリとして、明確にカードとして描かれたものといえば、
古くはホームランドの≪センギアの従臣/Sengir Autocrat≫と≪Baron Sengir≫でしょう。
sengirautocratbaronsengir
本当に忠義を誓っているかは…まぁ、黒なので。
他にも、黎明期から≪セラ/Serra≫が多くの信奉者を従えていましたが
ほとんどは彼女が作り出したものなので、ファンクラブといえるかは怪しいところです。
serrazealotserra
≪セラの盲信者/Serra Zealot≫がギリギリ、ファンクラブといえるでしょう。
≪セラ/Serra≫を含め、旧世代プレインズウォーカーの面々は
次元やら天使やらを自ら作り出す、神に等しい存在として描かれていたため
直接の信奉者たるファンクラブが増えないのもわかる気がします。
(ニッサをアイドル歌手とすると、セラはベートーヴェンやモーツァルトみたいな感じ?)

そう、ファンクラブは大変動後、プレインズウォーカーがより身近な存在になると
急激に数を増やすのです。
ajanischosenajanisteadfast
jacesarchivistjacetelepath
ジェイスはラヴニカ次元で多忙なのか、ジャーマネ(業界用語)までつける始末。
新カードのジェイスは、確かに「写メやめてください。マネージャー通してください」って言ってるようです。
ファンサービス悪そうですね。

逆に、ファンを味方につけtwitterのフォロー数がやばそうな
MTG界のきゃりーぱみゅぱみゅがこちら!
kiorafollowerkioracrashingwave
≪キオーラの追随者/Kiora Follower≫と≪荒ぶる波濤、キオーラ/Kiora, the Crashing Wave≫
よく見るとスマホで波を撮影しているかのように見えます。
これからはプレインズウォーカーもSNSを駆使する時代です(大嘘)

最後に、実はファンクラブを持つMTG界の地下アイドルと
知名度の割りにファンクラブのいないMTG界のエリカ様をご紹介。


meliradefendermelira
絡み森の奥底でファイレクシアの侵攻に耐える姿は、まさに地下アイドル。
いつか新ファイレクシア再訪時にメジャーになっているといいですね。


melethiselspethsunschampion
スキャンダルで一気にファンを失ったと思われるエルズペスさん。
それでなくても薄幸の美少女だった彼女。第二の瀧本美織になってしまうのか。
今後に期待です。

いかがだったでしょうか。ファンクラブ特集。
皆さんも埋もれたアイドルを見つけて、是非オタ芸を練習してみてください!

88740_201506260319307105_1
新録、再録情報はキリがないので極力スルーしているヴィズ速ですが
久々に心躍るカードの情報が入ってきたのでご紹介!

《Demonic Pact(悪魔の契約?)》
エンチャント
あなたのアップキープ開始時、以下から選ばれていないものを1つ選ぶ。
・クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。《Demonic Pact》はそれに4点のダメージを与え、あなたは4点のライフを得る。
・対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを2枚捨てる
・カードを2枚引く。
・あなたはゲームに敗北する。

オルゾフの黒の面(ヴォーソス―カードの性能よりデザインや世界観が好きな人―魂)に火が着くデザイン!
アップキープに敗北、といえば、レガシーでおなじみのあのカードがありますね。

donateillusions
懐かしの《寄付/Donate》と《Illusions of Grandeur》のコンボです。
戦場に出たとき20点ゲイン、離れたとき20点ルーズする《Illusions of Grandeur》を
《寄付/Donate》して、自分だけ20点ゲインしたところで
累加アップキープが支払えなくなった相手は20点ライフを失う、即死システム。

現状、干渉手段も多いうえに早くても4ターンキルのため
レガシーでは遅すぎるのか、使用者は絶滅したデッキですが
3つ契約した後に寄付したい《Demonic Pact》の登場で、新たなアーキタイプ成立となるのでしょうか?

New Donate -SAMPLE-
Lands(18)
4 《Underground Sea》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《島/Island》
2 《沼/Swamp》
1 《高級市場/High Market》

Creature(4)
4 《ファイレクシアン・ドレッドノート/Phyrexian Dreadnought》
Spell(38)
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
3 《思案/Ponder》
2 《計略縛り/Trickbind》
4 《寄付/Donate》
4 《Demonic Pact》
2 《Illusions of Grandeur》
4 《Force of Will》

レガシーといえば思いつくのは何でしょう?
一撃必殺のコンボデッキ。それを華麗に阻止する《Force of Will》の応酬。
あるいは、超高速のアグロ。異次元のマナ加速から登場する巨大兵器…。

今回紹介するのは、そのどれも用いない、非常に地味なデッキです。

Death and taxes brennan gilley
1st place at starcitygames.com invitational qualifier on 6/7/2015 legacy
creatures (27)
4 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1 《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
4 《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
2 《セラの報復者/Serra Avenger》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》
1 《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
1 《コロンドールのマンガラ/Mangara of Corondor》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》

lands (22)
10 《平地/Plains》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
4 《不毛の大地/Wasteland》
1 《永岩城/Eiganjo Castle》
2 《Karakas》
spells (11)
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》

sideboard
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《忘却の輪/Oblivion Ring》
1 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《解呪/Disenchant》
2 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
2 《大変動/Cataclysm》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
2 《太陽の槍/Sunlance》

thaliaguardianofthraben
白染までも紹介した、《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》をフル活用する
まさに彼女のためのデッキです。
デッキ内の各クリーチャーが、お互いの弱点や足りない点を補っており
白好きだけでなく、シナジーの力で相手を蹂躙するのが好きなプレイヤーにもおすすめです。
さらにモダンの話ですが、実は先日のグランプリでもちゃっかり8位に入賞しています。

hans christian ljungquist's mono white Death and taxes – grand prix copenhagen 2015
creature (28)
4 《ドライアドの闘士/Dryad Militant》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4 《レオニンの裁き人/Leonin Arbiter》
3 《セラの報復者/Serra Avenger》
1 《族樹の精霊、アナフェンザ/Anafenza, Kin-Tree Spirit》
2 《呪文滑り/Spellskite》
3 《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
3 《刃の接合者/Blade Splicer》
2 《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
2 《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》

instant (11)
4 《流刑への道/Path to Exile》
1 《四肢切断/Dismember》

artifact (4)
1 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
land (25)
11《平地/Plains》
4 《幽霊街/Ghost Quarter》
3 《地盤の際/Tectonic Edge》
2 《地平線の梢/Horizon Canopy》
1 《変わり谷/Mutavault》
1 《永岩城/Eiganjo Castle》
1 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》

sideboard (15)
3 《石のような静寂/Stony Silence》
2 《萎れ葉のしもべ/Wilt-Leaf Liege》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《コーの火歩き/Kor Firewalker》
2 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
1 《避難所の印/Mark of Asylum》
1 《解呪/Disenchant》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
motherofrunes
モダンで使用できない《ルーンの母/Mother of Runes》と《剣を鍬に/Swords to Plowshares》が
それぞれ《ドライアドの闘士/Dryad Militant》と《流刑への道/Path to Exile》に置き換わっているなど
フォーマットならではのチューンが施されているものの、妨害しつつ殴るというコンセプトはそのままのようです。


弱者の戦い
サッカーにおいて、弱いチームが引いて守りカウンターで攻めるように
デス&タックス(以下デスタク)もまた、個々のカードパワーの低さから同じような戦法をとります。
もちろん、デスタクが弱いデッキだなんて言うつもりはありません。
(環境がスニークショーで溢れかえっていた時代のメタデッキとしての強さは使っていてビビるほどでした)

《霊気の薬瓶/AEther Vial》からクリーチャーを少しずつ展開し、《リシャーダの港/Rishadan Port》、
《不毛の大地/Wasteland》で土地を縛り、時間を稼いでいる間に殴り切ります。
ここまでは、同じく薬瓶を使うゴブリンやマーフォークと一緒ですが
デスタクの特徴は白に多い2マナの妨害能力持ち(ヘイトベア)を搭載できる点です。
labirynthrevoker
前述のサリアに加え、《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》や《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》は
うまく環境を読まないと活躍できませんが、相手に"刺さった"時の強さは比類がありません。
そしてこれらを守る《ルーンの母/Mother of Runes》の存在…しぶとさを体現したようなデッキです。


繊細なデッキ構成
うまく環境を読むこと。デスタクは、環境に多いカードを対策するカードの山です。
なので、対策していない相手に当たった時や、上手くそれを引けなかった時はかなりあっさりとやられます。
青くないので、《Force of Will》や《渦まく知識/Brainstorm》を積むこともできません。
引きがかみ合わなかった時、ごまかしたり挽回する手段を持たないということです。
(そのためにタッチ青するタイプも存在します)
ドローが無い以上、何を何枚引くかは構築段階から決まってしまいます。
デスタクは全く同じ構成がほとんど存在しないと言えるほど、プレイヤーや環境によって
微妙に意趣を変えるデッキです。逆に言えば、そういうところがこのデッキの魅力であり、
玄人好みの部分といえるでしょう。

デスタクを強化するもの、それはまさに自分自身の経験と感覚。
しかし自分の経験値がストレートに反映されるという意味で、これほどまでに
味わい深いデッキはないのかもしれません。

↑このページのトップヘ