2015年06月

 grixisdelver
Grixis Delver - Noah Walker
1st Place at StarCityGames.com Premier IQ on 6/7/2015
Creatures (14)
4 <<死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman>>
4 <<秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets>>
2 <<グルマグのアンコウ/Gurmag Angler>>
1 <<真の名の宿敵/True-Name Nemesis>>
3 <<若き紅蓮術士/Young Pyromancer>>

Spells (28)
4 <<渦まく知識/Brainstorm>>
4 <<目くらまし/Daze>>
2 <<時を越えた探索/Dig Through Time>>
4 <<Force of Will>>
4 <<稲妻/Lightning Bolt>>
1 <<紅蓮破/Pyroblast>>
1 <<呪文貫き/Spell Pierce>>
1 <<二股の稲妻/Forked Bolt>>
3 <<ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe>>
4 <<思案/Ponder>>
Lands (18)
4 <<溢れかえる岸辺/Flooded Strand>>
4 <<汚染された三角州/Polluted Delta>>
1 <<Tropical Island>>
2 <<Underground Sea>>
3 <<Volcanic Island>>
4 <<不毛の大地/Wasteland>>

Sideboard
2 <<墓堀りの檻/Grafdigger's Cage>>
1 <<真髄の針/Pithing Needle>>
1 <<古えの遺恨/Ancient Grudge>>
1 <<暗黒破/Darkblast>>
1 <<四肢切断/Dismember>>
1 <<狼狽の嵐/Flusterstorm>>
2 <<紅蓮破/Pyroblast>>
1 <<呪文貫き/Spell Pierce>>
1 <<水没/Submerge>>
1 <<ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique>>
2 <<陰謀団式療法/Cabal Therapy>>
1 <<二股の稲妻/Forked Bolt>>

対コンボ最終兵器、クロックパーミッションの雄と言えば
カナディアンスレッショルド、といったのも今は昔。
コンボを打ちのめし、他の相手にもガンガン攻める、2015年旬のデッキが
このグリクシス・デルバーです!


・成立まで
treasurecruisedig
原型はタルキール覇王譚の探査呪文によって強化されたURデルバー(青赤カウンターバーン)です。
<<宝船の巡航/Treasure Cruise>>が禁止となるまで、レガシー最強候補、最右翼のデッキでした。

UR Delver - Kevin Jones
1st in Eternal Weekend - Legacy Championship (Oct-2014)
Creature(12)
4 <<僧院の速槍/Monastery Swiftspear>>
4 <<若き紅蓮術士/Young Pyromancer>>
4 <<秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets>>

Spell(31)
4 <<稲妻/Lightning Bolt>>
4 <<目くらまし/Daze>>
1 <<紅蓮破Pyroblast>>
4 <<渦まく知識/Brainstorm>>
4 <<Force of Will>>
4 <<ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe>>
4 <<宝船の巡航/Treasure Cruise>>
2 <<二股の稲妻/Forked Bolt>>
4 <<思案/Ponder>>
Land(17)
2 <<島/Island>>
1 <<山/Mountain>>
4 <<沸騰する小湖/Scalding Tarn>>
1 <<汚染された三角州/Polluted Delta>>
4 <<霧深い雨林/Misty Rainforest>>
1 <<樹木茂る山麓/Wooded Foothills>>
4 <<Volcanic Island>>

Sideboard
1 <<真髄の針/Pithing Needle>>
2 <<墓堀りの檻/Grafdigger's Cage>>
1 <<無のロッド/Null Rod>>
2 <<渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer>>
1 <<硫黄の渦/Sulfuric Vortex>>
1 <<水流破/Hydroblast>>
1 <<紅蓮操作/Pyrokinesis>>
2 <<紅蓮破/Pyroblast>>
1 <<狼狽の嵐/Flusterstorm>>
1 <<粉々/Smash to Smithereens>>
2 <<発展の代価/Price of Progress>>

2015年1月に<<巡航>>が禁止となり、このデッキを使うプレイヤーは
2つの選択肢を迫られることになります。
すなわち、残った探査呪文<<時を越えた探索/Dig Through Time>>を代わりに使用し
そのままの方向性で突き進むか、より遅いゲームでも戦えるよう多色にシフトするか。
その後、運命再編にて<<グルマグのアンコウ/Gurmag Angler>>、
<<黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang>>という新たな探査呪文も登場。
黒をタッチすることが一般化するようになります。

・その戦略
YoungPyromancer
cabaltherapy
オーソドックスなクロックパーミッションで、基本的にはクロックを少数用意した後で
妨害スペルを唱えまくるデッキです。
特に<<若き紅蓮術士/Young Pyromancer>>設置からの<<陰謀団式療法/Cabal Therapy>>は
ゲームを決めてしまうほどのパワーがあります。
カウンターと手札破壊が使えるため、コンボに強い点はBUG(スゥルタイ)カラーの
デルバーと同じですが、火力という能動的な呪文が積めるため、探査呪文との相性では
グリクシスデルバーの方が上です。
メタ上位のエルフやビートダウン相手には<<二股の稲妻/Forked Bolt>>や
<<唐突なる死/Sudden Demise>>を投入できるため、見た目以上に対応力は高いデッキです。
suddendemise


・対グリクシス・デルバー
leylineofsanctitypyroclasm
意外と手札破壊重視のタイプは少ないので、URデルバーに近いように思えます。
URデルバーとの違いは、<<グルマグのアンコウ/Gurmag Angler>>などの大型生物や
<<ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster>>などの中~長期戦向けの生物が多いところです。
<<神聖の力線/Leyline of Sanctity>>があれば最高ですが、無い場合は
クリーチャー対策をしっかり入れておきたい相手です。

サイドボード後は<<発展の代価/Price of Progress>>や
<<硫黄の渦/Sulfuric Vortex>>など、純正バーン顔負けの戦略をとってくる場合があります。
特殊地形は出しすぎないことと、置物対策もできればしておきたいですね。
逆にこちらの置物対策はしてこないはずなので
違う軸で攻めるデッキなら有利に戦える可能性もあります。

とにかく、ペースを握られないように。よくよく見ると線が細いデッキです。

lanternofinsight
大きな大会があるごとに新しいアーキタイプが登場して話題になるモダン!
今回は参加者2700人超のグランプリで見事15位に入賞したとあるデッキをご紹介。

Deck Techでも紹介され、巷で話題になっているその名も、ランタンライブラリーアウト/Lantern Mill
Zac Elsik – Lantern Mill – 15th Place

Creature (3)
3 <<呪文滑り/Spellskite>>

Sorcery (12)
3 <<ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe>>
3 <<コジレックの審問/Inquisition of Kozilek>>
4 <<古きものの活性/Ancient Stirrings>>
2 <<強迫/Duress>>

Instant (4)
2 <<突然の衰微/Abrupt Decay>>
2 <<外科的摘出/Surgical Extraction>>

Artifact (24)
4 <<写本裁断機/Codex Shredder>>
4 <<グール呼びの鈴/Ghoulcaller's Bell>>
3 <<オパールのモックス/Mox Opal>>
3 <<真髄の針/Pithing Needle>>
4 <<洞察のランタン/Lantern of Insight>>
2 <<黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb>>
4 <<罠の橋/Ensnaring Bridge>>

Land (17)
2 <<黒割れの崖/Blackcleave Cliffs>>
2 <<銅線の地溝/Copperline Gorge>>
2 <<アカデミーの廃墟/Academy Ruins>>
2 <<幽霊街/Ghost Quarter>>
1 <<氷の橋、天戸/Tendo Ice Bridge>>
4 <<空僻地/Glimmervoid>>
4 <<ラノワールの荒原/Llanowar Wastes>>
60 Cards

Sideboard (15)
1 <<ナイレアの弓/Bow of Nylea>>
1 <<墓堀りの檻/Grafdigger's Cage>>
3 <<自然の要求/Nature's Claim>>
1 <<古えの遺恨/Ancient Grudge>>
4 <<太陽のしずく/Sun Droplet>>
2 <<溶接の壷/Welding Jar>>
3 <<紅蓮地獄/Pyroclasm>>
codexshredderghoulcallersbell
動きはいたってシンプル!
<<洞察のランタン/Lantern of Insight>>で相手のライブラリートップが分かっている状態で
相手が危険なカードを引きそうになったら、<<写本裁断機/Codex Shredder>>および
<<グール呼びの鈴/Ghoulcaller's Bell>>でライブラリー破壊!
相手の攻撃は罠の橋で止める作戦のようです。

sundrop
サイドボードも渋いカードが揃っています!
<<太陽のしずく/Sun Droplet>>がプレイアブルなカードだとは気付きませんでした。
バーン相手だと流石に悠長な気がしますが…誘発は各ターンなので
複数枚張ったときの威力は馬鹿になりません。

<<コラガンの命令/Kolaghan's Command>>が流行っている時期に
アーティファクト主体のコントロールも勇気がいるかと思いますが(しかも長丁場のグランプリで)
某人をして、「クスリでもキメてないと使用できない」と言わしめたこのデッキ。
金額も相当安そうですが、モダンの可能性は計り知れないことを示唆してくれているようです。

ezurri
6月12-14日、アメリカはノースカロライナ州シャーロットにて開催されたモダン・グランプリですが
優勝は<<集合した中隊/Collected Company>>を採用したエルフデッキでした。

その他トップ8にはモダンを代表するコンボデッキがひしめき合っていますが
少し前に流行していたアドグレイスやグリセルシュートなどが再び頭角を現し、
「モダンはやりたいことやったもん勝ち」を裏付ける結果になってのではないでしょうか!?

Sam Pardee – 青赤双子

Creature (11)
4 <<詐欺師の総督/Deceiver Exarch>>
2
<<やっかい児/Pestermite>>
1
<<ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique>>
4 <<瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage>>

Sorcery (5)
1 <<炙り焼き/Roast>>
4 <<血清の幻視/Serum Visions>>

Instant (17)
2 <<謎めいた命令/Cryptic Command>>
2 <<電解/Electrolyze>>
4 <<差し戻し/Remand>>
4 <<稲妻/Lightning Bolt>>
1 <<呪文嵌め/Spell Snare>>
1 <<呪文貫き/Spell Pierce>>
2 <<払拭/Dispel>>
1 <<のぞき見/Peek>>

Enchantment (4)
4 <<欠片の双子/Splinter Twin>>

Land (23)
4 <<霧深い雨林/Misty Rainforest>>
4
<<沸騰する小湖/Scalding Tarn>>
4
<<島/Island>>
1
<<山/<Mountain>>
1
<<踏み鳴らされた地/Stomping Ground>>
3
<<蒸気孔/Steam Vents>>
3
<<硫黄の滝/Sulfur Falls>>
1
<<魂の洞窟/Cavern of Souls>>
2
<<僻地の灯台/Desolate Lighthouse>>
60 Cards

Sideboard (15)
1 <<炙り焼き/Roast>>
1
<<渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer>>
2
<<血染めの月/Blood Moon>>
2
<<古えの遺恨/Ancient Grudge>>
1
<<否認/Negate>>
2
<<嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms>>
1
<<ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir>>
1
<<思考の構築者、ジェイス/Jace, Architect of Thought>>
2
<<神々の憤怒/Anger of the Gods>>
1
<<引き裂く流弾/Rending Volley>>
1
<<呪文滑り/Spellskite>>


Donald Smith - バーン

Creature (14)
4 <<僧院の速槍/Monastery Swiftspear>>
4
<<大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel>>
4
<<ゴブリンの先達/Goblin Guide>>
2
<<渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer>>

Sorcery (8)
4 <<裂け目の稲妻Rift Bolt>>
4
<<溶岩の撃ち込み/Lava Spike>>

Instant (18)
4 <<頭蓋割り/Skullcrack>>
4
<<ボロスの魔除け/Boros Charm>>
3
<<焼尽の猛火/Searing Blaze>>
1
<<炎の投げ槍/Flame Javelin>>
2
<<稲妻のらせん/Lightning Helix>>
4
<<稲妻/Lightning Bolt>>

Land (20)
4 <<乾燥台地/Arid Mesa>>
1
<<踏み鳴らされる地/Stomping Ground>>
4
<<聖なる鋳造所/Sacred Foundry>>
4
<<血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire>>
4
<<樹木茂る山麓/Wooded Foothills>>
3
<<山/Mountain>>
60 Cards

Sideboard (15)
2 <<跳ね返す掌/Deflecting Palm>>
1
<<灼熱の血/Searing Blood>>
4
<<破壊的な享楽/Destructive Revelry>>
1
<<倦怠の宝珠/Torpor Orb>>
3
<<コーの火歩き/Kor Firewalker>>
2
<<流刑への道/Path to Exile>>
2
<<溶鉄の雨/Molten Rain >>


Wesley See – 青赤双子

Creature (12)

4 <<瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage>>
4
<<詐欺師の総督/Deceiver Exarch>>
1
<<ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique>>
2
<<やっかい児/Pestermite>>
1
<<渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer>>

Sorcery (6)
1 <<炙り焼き/Roast>>
4 <<血清の幻視/Serum Visions>>

1
<<手練/Sleight of Hand>>

Instant (13)
1 <<呪文貫き/Spell Pierce>>
1
<<謎めいた命令/Cryptic Command>>
1
<<呪文嵌め/Spell Snare>>
2
<<電解/Electrolyze>>
4
<<差し戻し/Remand>>
4
<<稲妻/Lightning Bolt>>

Enchantment (6)
4 <<欠片の双子/Splinter Twin>>
2
<<血染めの月/Blood Moon>>

Land (23)
1 <<僻地の灯台/Desolate Lighthouse>>
3
<<<硫黄の滝/Sulfur Falls>>
1
<<地盤の際/Tectonic Edge>>
4
<<霧深い雨林/Misty Rainforest>>
4
<<沸騰する小湖/Scalding Tarn>>
1
<<幽霊街/Ghost Quarter>>
3
<<蒸気孔/Steam Vents>>
1
<<踏み鳴らされる地/Stomping Ground>>
4
<<島/Island>>
1
<<山/Mountain>>
60 Cards

Sideboard (15)
1 <<血染めの月/Blood Moon>>
1
<<嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms>>
2
<<神々の憤怒/Anger of the Gods>>
1
<<思考の構築者、ジェイス/Jace, Architect of Thought>>
1
<<四肢切断/Dismember>>
1
<<呪文滑り/Spellskite>>
1
<<殴打頭蓋/Batterskull>>
1
<<払拭/Dispel>>
2
<<否認/Negate>>
1
<<誘惑撒き/Sower of Temptation>>
2
<<古の遺恨/Ancient Grudge>>
1
<<ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir>>

Andrew Wagoner - 親和
Creature (28)
4 Vault Skirge
2 Spellskite
4 Signal Pest
2 Etched Champion
2 Memnite
4 Steel Overseer
2 Master of Etherium
4 Arcbound Ravager
4 Ornithopter


Instant (4)
4 Galvanic Blast

Artifact (16)
4 Mox Opal
4 Springleaf Drum
4 Cranial Plating
4 Darksteel Citadel


Land (12)
4 Inkmoth Nexus
4 Blinkmoth Nexus
2 Glimmervoid
1 Mountain
1 Island

60 Cards

Sideboard (15)
1 Spellskite
2 Etched Champion
3 Torpor Orb
2 Whipflare
3 Thoughtseize
3 Ancient Grudge
1 Tormod's Crypt


Ian Bosley – アブザンカンパニー
Creature (30)
4 Birds of Paradise
3 Noble Hierarch
2 Viscera Seer
2 Wall of Roots
2 Melira, Sylvok Outcast
2 Anafenza, Kin-Tree Spirit
2 Scavenging Ooze
1 Spellskite
1 Qasali Pridemage
4 Kitchen Finks
3 Eternal Witness
1 Fiend Hunter
1 Murderous Redcap
1 Linvala, Keeper of Silence
1 Reveillark


Instant (8)
4 Collected Company
4 Chord of Calling


Land (22)
4 Windswept Heath
4 Verdant Catacombs
2 Temple Garden
2 Razorverge Thicket
2 Horizon Canopy
2 Overgrown Tomb
2 Gavony Township
1 Godless Shrine
1 Swamp
1 Plains
1 Forest

60 Cards

Sideboard (15)
4 Fulminator Mage
4 Tidehollow Sculler
2 Abrupt Decay
1 Burrenton Forge-Tender
1 Eidolon of Rhetoric
1 Orzhov Pontiff
1 Kor Firewalker
1 Kataki, War's Wage


Darien Elderfield – アドグレイス
Creature (4)
4 Simian Spirit Guide

Sorcery (8)
4 Serum Visions
4 Sleight of Hand


Instant (16)
4 Ad nauseam
3 Spoils of the Vault
4 Angel's Grace
2 Lightning Storm
3 Pact of Negation


Artifact (8)
4 Lotus Bloom
4 Pentad Prism


Enchantment (3)
3 Phyrexian Unlife

Land (21)
1 Temple of Enlightenment
4 Temple of Deceit
4 Gemstone Mine
4 Seachrome Coast
4 Darkslick Shores
2 Plains
2 Dreadship Reef

60 Cards

Sideboard (15)
1 Pact of Negation
3 Darkness
1 Gigadrowse
1 Slaughter Pact
4 Leyline of Sanctity
1 Laboratory Maniac
1 Repeal
2 Esper Charm
1 Patrician's Scorn



Zach Jesse – グリセルシュート
Creature (14)
4 Griselbrand
4 Worldspine Wurm
2 Borborygmos Enraged
4 Simian Spirit Guide


Sorcery (10)
4 Night's Whisper
2 Tormenting Voice
4 Faithless Looting


Instant (17)
4 Goryo's Vengeance
4 Through the Breach
4 Nourishing Shoal
1 Noxious Revival
2 Manamorphose
2 Desperate Ritual


Land (19)
4 Temple of Malice
2 Blood Crypt
2 Blackcleave Cliffs
4 Bloodstained Mire
2 Mountain
5 Swamp

60 Cards

Sideboard (15)
4 Blood Moon
2 Thoughtseize
3 Pyroclasm
1 Defense Grid
1 Pithing Needle
1 Torpor Orb
3 Pact of Negation



Michael Malone - エルフ(優勝)
Creature (34)
4 Nettle Sentinel
4 Elvish Mystic
4 Llanowar Elves
4 Heritage Druid
4 Elvish Visionary
4 Elvish Archdruid
3 Ezuri, Renegade Leader
1 Spellskite
1 Scavenging Ooze
1 Fauna Shaman
1 Eternal Witness
1 Reclamation Sage
1 Elvish Champion
1 Thragtusk


Instant (8)
4 Collected Company
4 Chord of Calling


Land (18)
5 Forest
4 Razorverge Thicket
4 Cavern of Souls
3 Nykthos, Shrine to Nyx
1 Okina, Temple to the Grandfathers
1 Pendelhaven

60 Cards

Sideboard (15)
1 Spellskite
1 Reclamation Sage
3 Kitchen Finks
3 Beast Within
2 Fracturing Gust
2 Dismember
1 Bow of Nylea
1 Hushwing Gryff
1 Burrenton Forge-Tender

neardeath

制御可能な<<臨死体験/Near-Death Experience>>は最高だ。

私は何度か、間一髪の危機に巡り合って来た。どれも大変に恐ろしいものだった。
生と死が自分の支配下にない時、自分がいかに無力かを知るだろう。

逆に言えば、それらをコントロールできたなら、心に平穏が訪れるということだ。
君の残りライフが1点だとしても、危険だなんてことはない―それが統制できている限り、安全なのだ。

さて、それでは<<臨死体験/Near-Death Experience>>の構築に入ろう。
これには究極的な防御網の構築センスが問われる。
我々は最も死に近く、それでいて安全な世界を体験するのだ。


我々は死を必要以上に遠ざける必要はない。死を統制下に置くのだ。
白の"プリズン"戦略は我々を安全な領域に導いてくれる。


nodesjourneytonowhererunedhalo
ghostlyprisonsphereofsafety

エンチャントは我々の防衛ラインを構築する。特に白のそれは
対戦相手の様々な脅威―クリーチャー、火力、手札破壊、そしてコンボ―から守ってくれる。

<<斑岩の節/Prophyry Nodes>>、<<未達への旅/Journey to Nowhere>>、
<<ルーンの光輪/Runed Halo>>、<<亡霊の牢獄/Ghostly Prison>>、
そして<<安全の領域/Sphere of Safety>>は、いかなるクリーチャーの脅威も退ける。


greaterauramancynevermoreleylineofsanctity

<<偉大なるオーラ術/Greater Auramancy>>、<<ルーンの光輪/Runed Halo>>、
<<金輪際/Nevermore>>、<<神聖の力線/Leyline of Sanctity>>は相手の必殺の呪文からも我々を守る。


suppressionfield

<<抑制の場/Suspention Field>>は時間を稼ぐ。フェッチランドはもちろん、
プレインズウォーカーやクリーチャーの能力の起動も停滞させる。


nykthosenduringideal

<<ニクソス/Nykthos>>は素晴らしいマナ加速装置だ。
白への信心によって、<<不朽の理想/Enduring Ideal>>のための7マナまで到達させてくれるだろう。

<<不朽の理想/Enduring Ideal>>は<<臨死体験/Near-Death Experience>>設置への最高の手段だ。

<<安全の領域/Sphere of Safety>>によって盤面を固定し、<<神聖の力線/Leyline of Sanctity>>が本体を、
<<忘却の輪/Oblivion Ring>>がその他の脅威から身を守り、<<金輪際/Nevermore>>、
<<偉大なるオーラ術/Greater Auramancy>>によって不可侵の存在になる。


adarkar

ターンを追うごとに防衛は強固になり、より安全に死へと近づくことができる。
ペインランドからのダメージで残りライフは1となり、臨死体験は完了だ。さて、何か危ないことはあっただろうか?

Lands4 x Nykthos, Shrine to Nyx4 x Adarkar Wastes4 x Hallowed Fountain4 x Temple of Enlightenment2 x Mistveil Plains5 x Plains
 
Noncreature Spells1 x Gitaxian Probe4 x Porphyry Nodes3 x Serum Visions4 x Runed Halo4 x Suppression Field1 x Greater Auramancy4 x Detention Sphere1 x Nevermore4 x Ghostly Prison3 x Leyline of Sanctity1 x Zur's Weirding1 x Near-Death Experience2 x Sphere of Safety4 x Enduring Ideal 原文:http://www.channelfireball.com/articles/near-death-experience/

ヴィズ速は下環境に自信があるのでモダンの記事も載せます!

さて、皆さんはSDW氏というMagic Onlineプレイヤーをご存知でしょうか。
ムンナはオフでの知り合いなのですが、主にモダンとレガシーで
非常に独創的なデッキを構築される方で、最近動画実況もスタートされましたのでご紹介します。




いわゆるローリング・ストーンズデッキの現代版ですね。
まぁここまでは、よくあるファンデッキ(採用カードが若干おかしいけど)です。






えっ、なに、これは…(困惑

この魔除けデッキですが、だいぶ前に小樽あたりにMTG遠征した時に
SDW氏が構想を語っていたのを思い出します。
確かタルキール覇王譚前のレガシーで、ミラージュ、ヴィジョンズ、プレーンシフト、オンスロート
次元の混乱、アラーラの断片、ラヴニカへの回帰、ギルド門侵犯の40種類の魔除けを1枚ずつ搭載し
3モード×40=120の戦略で勝つ!みたいなことを言っていたような…。

ファンデッキをやるなら、これぐらい突き抜けていた方が面白いですよね!
かの有名なアメリカのプロチーム、Channel Fireballもこう言っています。

モダンのメタゲームを予測するのは不可能だ。
なぜなら、みんな好きなデッキをプレイできるし、そうするからだ。

ぶっちゃけた話、みんな感覚とカードパワーを
天秤にかけて、デッキを選んでいる。


深イイです!
オリジナルデッキを制する者が、マジックを制するのでしょうか!?

↑このページのトップヘ