2016年01月

2016年最初の国内大規模レガシー、
日本レガシー選手権の結果が早くも
掲載されました!

Japan Legacy Championships Winter on 1/30/2016
1st Place
奇跡/Miracles
2nd Place
ANT/Ad Nauseam Tendrils
3rd Place リアニメイト/Reanimator
4th Place 赤黒リアニメイト/BR Reanimator
5th Place ダークマーベリック/Dark Maverick
6th Place 12ポスト/12Post
7th Place(Finalist) 墓忍びコントロール/Tombstalker
8th Place(Winner) 奇跡/Miracles

Lands(19)
3 《湿地の干潟/Marsh Flats》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《Underground Sea》
3 《Scrubland》
3 《不毛の大地/Wasteland》
1 《Bayou》


Creatures(10)
4 《墓忍び/Tombstalker》
3 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》


Spells(31)
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《Hymn to Tourach》
4 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
3 《目くらまし/Daze》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《思案/Ponder》
2 《未練ある魂/Lingering Souls》
1 《殺し/Snuff Out》
1 《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》


Sideboards(15)
2 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《解呪/Disenchant》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《暗黒破/Darkblast》
1 《寒け/Chill》
1 《呪われた巻物/Cursed Scroll》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《Karakas》
1 《沼/Swamp》
1 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
スイスラウンド7位と8位がワンツー
フィニッシュという珍しい幕切れとなった
ニッセンレガシー。
まず目を見張るのが7位の
何とも形容し難いコントロールデッキ。
4枚投入された《墓忍び/Tombstalker》が
とにかく異彩を放っています!
tombstalker
名付けるなら、エスパーコントロール、
もとい墓忍びコントロールでしょうか。
しかしこのデッキ、コントロールと称するには
少々アグレッシブすぎるプランが。
darkritualhymntotourachliliannaoftheveil
1ターン目、《暗黒の儀式/Dark Ritual》から
《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》や
おなじみ《Hymn to Tourach》は
もはや効かないデッキが無いほどの
強烈なブン回り要素です。
cursedscroll
とにかく手札をダンプすることが予測される
このデッキ。捌き切られたらどうするのか…
と思いきや、ちゃんとサイドボードに回答が。
黒単コントロールなどにたまに採用される
《呪われた巻物/Cursed Scroll》は
奇跡など遅いデッキに激烈に刺さりそうです。

Lands(21)
4 《Badlands》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2 《Scruband》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《沼/Swamp》
1 《山/Mountain》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《Bayou》


Creatures(12)
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
2 《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》
(※《大いなる歪み、コジレック/Kozilek, the Great Distortion》の誤植だと思われます)
2 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1 《灰燼の乗り手/Ashen Rider》


Spells(31)
4 《納墓/Entomb》
4 《死体発掘/Exhume》
2 《再活性/Reanimate》
3 《動く死体/Animate Dead》
4 《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4 《罰する火/Punishing Fire》
2 《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
3 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《堀葬の儀式/Unburial Rites》


Sideboards(15)
4 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《イクスリッドの看守/Yixlid Jailer》
2 《無のロッド/Null Rod》
3 《月の大魔術師/Magus of the Moon》
4 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
1 《魅力的な執政官/Blazing Archon》
そしてスイスラウンド4位は
こちらも禍々しさでは負けていない
オロスカラーのリアニメイトデッキです。
kozilekgreatdistortion
BFZ、OGWで再登場したエルドラージの
巨人たち(ウラモグ、コジレック)の特徴に
「リアニメイト防止の誘発型能力が
オミットされている」というのがあります。
滅殺も失い、マナコストを踏み倒されても
問題ないとWotCが判断したと思われますが
このデッキでは早速、それを悪用しています!
panishingfiregroveofburningwillow
本来、黒単か黒青で組まれるリアニメイトが
赤黒で組まれている理由の一つが、この
罰する火エンジン。
序盤は相手のクリーチャーを捌き、
後半は上述のコジレックの能力で捨てて
何度も再利用…というのはとにかく恐ろしい!


おなじみのデッキをプレイするレガシーも
もちろん楽しいですが、
こうして新しく、独創的なデッキが登場するのを
眺めるのもレガシーの魅力の一つです。
ああ、レガシーがやりたくなってきました(笑

mmfc4

※2月12日、賞品と締切を更新しました
※2月22日、サイドイベント追加しました

MUNNA'S MAGIC FIGHT CLUB vol.4
日付:3月6日(日)
時間:11時頃開場 12時頃開始
場所:札幌市若者支援総合センター 活動室3
札幌市中央区南一条東2丁目大通バスセンタービル2号館1階
(地下鉄バスセンター駅3番出口すぐ)

フォーマット:チームレガシー予定(非公認)
参加費:1人1000円(1チーム3人)

賞品:1位チーム ゲートウォッチの誓い 1BOX
他サプライ多数

エントリー方法:2月26日(金)までに
 knzkskΦgmail.com (Φは@)ムンナ宛に
チームの代表者より下記項目をご連絡ください。

・チーム名
・メンバー3人の名前
・リーダーの名前

※2月26日の時点でエントリーが4チーム未満の場合
レガシーのシングル戦に変更します。(賞品も変わります)


サイドイベント:
・レガシー個人戦
モダンマスターズ1(MMA)ドラフト
提供:エスパー王子氏


冬のMMFCはチーム戦!
北のゲートウォッチとなって北海道最強を目指せ!
詳細を追記していく予定です。
不明な点がある方や、チームメイトはいないけど
レガシーしたい!という方もお気軽にご相談ください。

oshiete
やあ、諸君。
新エキスパンションの発売と
先日の双子禁止を受けて、モダン市場の
値動きがとんでもないことになっているぞ。
まさにエルドラージの進撃を受けている
かのような大暴れだ…。

エルドラージデッキの隆盛:
《ウギンの目/Eye of Ugin》
《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/
Urborg, Tomb of Yawgmoth》
eyeofugineldrazitempleurborgtombofyawgmoth
eyeofuginprice
eldrazitempleprice
urborgprice
"ゲートウォッチの誓い"フルスポイラーの
公開前後から、モダンでエルドラージデッキが
成立するのではないか?という噂が
早くも実現しそうな形になってしまった。

個人的には、今までランプ型しかなかった
エルドラージデッキに新しい構成が
生まれるのは喜ばしいと思っているが
次元の捕食者にこのまま覇権を渡して
いいのか?気になるところだ…。


禁止改訂を受けて(禁止回避組):
《御霊の復讐/Goryo's Vengeance》
《風景の変容/Scapeshift》
《鏡割りのキキジキ/
Kiki-Jiki, Mirror Breaker》
goryosvengencescapeshiftkikijikimirrorbreaker
goryosvengeancepricescapeshiftprice
kikijikiprice

禁止改訂が発表されたということは
今後次のエキスパンション発表まで
新たな禁止はないということだ。
禁止スレスレのものから、
今後しばらくは禁止されないことが
ほぼ確定のもの、代替パーツなど
色々な情報を垣間見ることができる。


禁止改訂を受けて(既存強化組):
《復活の声/Voice of Resurgence》
《燃え柳の木立ち/
Grove of the Burnwillows》
voiceofresurgencegroveofburningwillow
voiceofresurgenceprice
groveoftheburnwillowsprice
双子禁止でフェアデッキが増加することが
見込まれるモダンにおいて
既存のアーキタイプの
対フェアデッキカードもすこぶる好調だ。
注目はトロンが採用する燃え柳の木立ち。
実際に土地単でも使われているが、
1万円台の土地はまさにレガシー級だ。

プロツアー直前ということで
モダンの値動きに注視してみたが
これが新規参入の障壁にならないか、
少し行く末が心配な今日この頃だ。

新エキスパンション発売にあわせて発行される禁止改訂。
今回は予定されていた18日(月)に先駆けての発表となり
モダンを代表するコンボデッキのキーパーツ
《欠片の双子/Splinter Twin》と
《花盛りの夏/Summer Bloom》の禁止が発表されました。
splintortwinsummerbloom
《花盛りの夏/Summer Bloom》は少し前から
その安定性とキルターンの速さが問題視され
禁止は妥当という大方の予想通りとなっています。

《欠片の双子/Splinter Twin》はモダン制定当初から
この環境のコンボの代名詞的として在り続け、
モダンマスターズ2015にも収録されていたことから
ある意味"聖域"とも言えた存在だったわけですが
今回の改訂はウィザーズからの"聖域なきモダン"
という方針を読み取ることができる結果となりました。
kuzureyukuseiiki

・今後この2デッキはどうするか
kikijikimirrorbreakerazusalostbutseeking
記事中にもありますが、今回の禁止は
ややカードパワーの劣る代替カードが
存在するため、これらを以って環境の
安定化を図ろうとしていることが伺えます。
(どちらも神河のカードというのは偶然でしょうか)

そして…ブルームを用いたコンボは、流石に
《不毛の大地/Wasteland》の存在が厳しいものの

双子コンボについては、昨年からたまに
結果を残しているレガシーへの導入として
おすすめかもしれません!

creatures (8)
4 《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》
3 《やっかい児/Pestermite》
1 《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》


lands (21)
2 《島/Island》
2 《山/Mountain》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《Taiga》
1 《Tropical Island》
3 《Volcanic Island》


spells (31)
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
3 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4 《血染めの月/Blood Moon》
4 《欠片の双子/Splinter Twin》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
2 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
3 《衝動/Impulse》
2 《誤った指図/Misdirection》
1 《否定の契約/Pact of Negation》


sideboard
2 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
2 《月の大魔術師/Magus of the Moon》
3 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《神々の憤怒/Anger of the Gods》
ancienttombchaliceofthevoidbloodmoon
モダンでは決して許されなかった、
2マナランドとモックスによるマナ加速から
《虚空の杯/Chalice of the Void》、
《血染めの月/Blood Moon》を叩きつける
ストンピィ戦略を絡めた双子コンボ。
ジャンドが少なく、奇跡が多いレガシーでは
実は有効な戦略だったりします。

正直増えないで欲しいレガシー版双子!
モダンもレガシーも、今後のメタの動向に
要注目です。

あけましておめでとうございます!ヴィズ速です。
三が日という言葉も無い海外では、
新年早々SCGでトーナメントを開催しています。

StarCityGames Classic Legacy at Cincinnati on 1/3/2016
Winner UBRデルバー/Grixis Delver
Finalist 奇跡/Miracles
3rd Place ANT/Ad Nauseam Tendrils
4th Place RUGデルバー/Temur Delver
5th Place スニークショウ/Sneak and Show
6th Place デス&タックス/Death&Taxes
7th Place 奇跡/Miracles
8th Place エルフ/Elves

creatures (14)
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
3 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》


lands (18)
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《Tropical Island》
2 《Underground Sea》
3 《Volcanic Island》
4 《不毛の大地/Wasteland》


spells (28)
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《二股の稲妻/Forked Bolt》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《思案/Ponder》


sideboard
1 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《冬の宝珠/Winter Orb》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《苦い真理/Painful Truths》
2 《汚損破/Vandalblast》
gurmaganglerpainfultruths
探査カードが登場してからというもの、
コンスタントに結果を残し続けているのが
このグリクシスデルバー。
なんと前回のSCGクラシックから二連覇です!

デルバーが空中戦を、若き紅蓮術士が面展開し
グルマグのアンコウが地上を固める…。
そのカラーに見合わず、とにかく堅実で
隙の無い戦い方が強力なグリクシス。
新カード《苦い真理/Painful Truths》も
ちゃっかりと使っているところに好感が持てます。

そして、先日公開されたこのカード!
Stormchaser-Mage
まさにUR、そしてグリクシスが求めていた
新たな空中クロックが登場です。
早くもレガシーの台風の目になりそうな
《Stormchaser Mage》。
新エキスパンション発売後の動向に注目です。

↑このページのトップヘ