shamanofthepackharbingerofthetidesdaysundoing
世界最大規模のショップ、StarCityGamesが毎週末全米各地で主催する
インビテーショナル出場権をかけた数百人規模の大会、インビテーショナル予選。
オリジン発売直後の大規模大会ということもあり、かなりの注目をあつめたシカゴでの今大会
早速、最新カードを投入したデッキ達がレガシーでも結果を残しました。

Elves - Mike Rekow 1st Place at StarCityGames.com Premier IQ on 7/19/2015(優勝)
creatures (32)
2 《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》
2 《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
3 《遺産のドルイド/Heritage Druid》
4 《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》
4 《クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger》
1 《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《群れのシャーマン/Shaman of the Pack》
4 《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》
2 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》

spells (11)
4 《垣間見る自然/Glimpse of Nature》
4 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
3 《自然の秩序/Natural Order》
lands (17)
2 《森/Forest》
2 《Bayou》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《Savannah》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4 《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》

sideboard
2 《窒息/Choke》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《大祖始/Progenitus》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《自然の秩序/Natural Order》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
wirewoodsymbiotegreensunszenithcabaltherapy
《群れのシャーマン/Shaman of the Pack》を活用したエルフが1位です。
1枚しか採用されていませんが、《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》で実質5枚あるようなものであり
《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》で繰り返し利用できるため
3マナとエルフにしては重いマナ域のカードはこれで十分。
サイドボードでは《思考囲い/Thoughtseize》に枠を割かれがちな《陰謀団式療法/Cabal Therapy》も
4枚採用と思い切った構築が功を奏した形です。

Merfolk Nicholas Braun 4th Place at StarCityGames.com Premier IQ on 7/19/2015
creatures (28)
4 《呪い捕らえ/Cursecatcher》
4 《アトランティスの王/Lord of Atlantis》
4 《真珠三叉矛の達人/Master of the Pearl Trident》
4 《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》
4 《幻影の像/Phantasmal Image》
4 《銀エラの達人/Silvergill Adept》
4 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》

lands (19)
11 《島/Island》
4 《変わり谷/Mutavault》
4 《不毛の大地/Wasteland》
spells (13)
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》

sideboard
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
2 《万力鎖/Manriki-Gusari》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides》
1 《四肢切断/Dismember》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
3 《精神壊しの罠/Mindbreak Trap》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
harbingerofthetidesmanrikigusari
こちらは奇しくも同じ部族デッキ、マーフォーク。
オリジンからは《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides》をサイドボードに採用しており
瞬速でのバウンスによるテンポの阻害、待望の除去持ちのクロックなど、
今までよりも戦略に厚みが増しています。

Affinity Scott Muir 6th Place at StarCityGames.com Premier IQ on 7/19/2015
creatures (24)
3 《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
1 《悪意の大梟/Baleful Strix》
2 《刻まれた勇者/Etched Champion》
3 《金属ガエル/Frogmite》
4 《メムナイト/Memnite》
4 《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4 《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
3 《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》

planeswalkers (2)
2 《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》

spells (18)
3 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《頭蓋囲い/Cranial Plating》
2 《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
4 《オパールのモックス/Mox Opal》
3 《一日のやり直し/Day's Undoing》
2 《物読み/Thoughtcast》
lands (16)
1 《古えの居住地/Ancient Den》
4 《教議会の座席/Seat of the Synod》
1 《伝承の樹/Tree of Tales》
4 《囁きの大霊堂/Vault of Whispers》
3 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《空僻地/Glimmervoid》
1 《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》

sideboard
3 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《鞭打ち炎/Whipflare》
daysundoingchaliceofthevoid
帰ってきた《Timetwister》こと《一日のやり直し/Day's Undoing》。
その公開当初、twitterで騒がれた使用方法があります。「親和で使ったらどうなるんだ?」
そしてなんと、主戦場であるモダンよりも先にレガシーで結果を出すこととなりました。
こちらでは三大・1ターン目に置かれたら悶絶する置物《虚空の杯/Chalice of the Void》を設置することで
相手に引かれたカードを封殺します。(他の三大は《三なる宝球/Trinisphere》と《血染めの月/Blood Moon》です)

Sultai Control Devin Koepke 2nd Place at StarCityGames.com Premier IQ on 7/19/2015
lands (20)
1 《Bayou》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《Tropical Island》
4 《Underground Sea》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4 《不毛の大地/Wasteland》

spells (29)
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《目くらまし/Daze》
4 《時を越えた探索/Dig Through Time》
4 《Force of Will》
4 《Hymn to Tourach》
4 《思案/Ponder》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
creatures (11)
3 《悪意の大梟/Baleful Strix》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》

sideboard
3 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
2 《無のロッド/Null Rod》
2 《三なる宝球/Trinisphere》
3 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《壌土からの生命/Life from the Loam》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
balefullstrixjacethemindsculpter
今回の注目デッキはオリジンのカードが入っていない、BUGコントロール!
レガシーの青いコントロールといえば勝ち手段として《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》が
定番でありますが、なんとこのデッキではサイドボード!
メイン戦は《時を越えた探索/Dig Through Time》、《Hymn to Tourach》、《悪意の大梟/Baleful Strix》で
アドバンテージを稼ぎ、《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》と《タルモゴイフ/Tarmogoyf》で
ライフを詰めるデッキのようです。安易な"ただ強"フィニッシャーに頼らない姿勢が硬派で男らしい!

私生活が忙しく少し間を空けての更新となりましたが、いかがでしょうか。
新セットからレガシーに影響を与えるカードが登場するのはとても新鮮で楽しいですね。
皆さんも新カードを採用した構築、既存カードの新しい使い方、試してみてください!