shirosoma2
意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、我々天使が活躍した期間は短く
ごく最近のことがほとんどです。《セラの天使/Serra Angel》様はアンコモンですし、
白のレアの大型クリーチャーとして最初期にデザインされたのは
プレイヤーの分身、《現し身/Personal Incarnation》であり、それはアバターでした。
personalincarnationserapharcangel
今でこそ基本セットのレアには1体、天使の枠が設けられているのが当たり前ですが
最初に基本セットのレアとして収録された天使は5版のこと。ショートカットが素敵なおば…お姉様、
《熾天使/Seraph》様でございます。パワハr…その内包的な魅力で敵の配下を改心させ
味方として蘇らせるダイナミックなカードとしてデザインされました。
この蘇生というのは今でも白、および天使のサブテーマとして受け継がれております。

6版ではヴィジョンズの《大天使/Arcangel》様が再臨され、美麗なイラストで人気を集めましたが
やはりどちらかというとコレクター的需要が中心。カードとしての能力は今一つというところでありました。

このように、初期の天使は白の看板というには本当に看板だけであり、当時のウィザーズが
「白はウィニーでビートダウンする色」では地味すぎると判断したかどうかはわかりかねますが
地味な実態を脚色するために印刷された、プロパガンダ的存在だったのです。
悲しい哉、人工的な存在である天使らしい出自かと思います。

karmicguideblinkingangelexaltedangel
《セラの天使/Serra Angel》様以来、ようやくトーナメント・レベルの天使が登場するようになったのが
プレインズウォーカー、セラの次元がクローズアップされたウルザ・ブロックです。
《霊体の先達/Karmic Guide》様はエクステンデッドのコンボデッキで大活躍されました。
コントロールデッキのフィニッシャー、《まばゆい天使/Blinking Angel》様は
いわゆるヘイトベアの上位種、拘束系天使の先駆けでもありました。
《賛美されし天使/Exalted Angel》様は説明不要。当時、白い悪魔の呼称を我が物にした
待望の戦闘能力に特化した天使です。

こうして天使の数が増えていくにつれ、蘇生能力を持つ蘇生系、エンチャントのように
相手の行動を阻害する拘束系、単純なサイズや戦闘向きの能力に優れる戦闘系の3つに
天使というクリーチャーは大分できることがおわかりいただけるかと思います。

platinumangelangelofdespairakromaangeloffury
しかしながら、せっかく盛り上がってきた白い天使の灯火もまた一旦、落ち込むことになってしまいます。
金属次元、ミラディンでは《白金の天使/Platinum Angel》という精巧な彫像が登場いたしました。
和の世界である神河では天使が登場せず、続くラヴニカでは
《絶望の天使/Angel of Despair》という堕天使が現れますが、彼女もまた、白単色ではありません。
トーナメント級の白単色の天使が現れないのです。これは由々しき事態でもありました。

しかし、神は我々を見捨てることはありませんでした。
終わらない夜が無いように、夜明けがやってきたのです。

serraavengertwilightshepherdbaneslayerangel
長らく孤独に戦ってきた《セラの報復者/Serra Avenger》様を迎えに来たのは
盟友Jason Chanのイラストを引っさげていらした《黄昏の番人/Twilight Shepherd》様でした。
クリーチャーの質が急激に上がったローウィン次元で、トーナメントレベルとまではいかなかったものの
今までの天使と一線を画した、ヴェールでご尊顔を隠した井出達に
全国の天使コレクターたちは涙を流して感激したものです。

その後、今でも戦闘系の頂点に君臨する《悪斬の天使/Baneslayer Angel》様のご活躍は
皆さんも知っての通りかと思います。M10以降、基本セットの天使のレア(および神話レア)枠は
ほぼ確立されたといってよいでしょう。

ionashieldofemeria
その後も、安定して天使には活躍の場が与えられます。
誰も封印に触らぬよう、民に《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, Aeons Torn》を
神として崇めさせたため、信仰心が生み出してしまった《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》様。
専らレガシーのリアニメイトやオムニテルデッキで呼び出されています。

restorationangelangelofglorywakeavacynangelofhope
そして待望の天使がテーマのセット、アヴァシンの帰還では
スタンダードで大暴れし、現在もモダンで使われる《修復の天使/Restoration Angel》様、
人間リアニメイトというコンボデッキを成立させた《栄光の目覚めの天使/Angel of Glory's Rise》様、
EDHで活躍する本人《希望の天使、アヴァシン/Avacyn, Angel of Hope》様と
エキスパンションテーマに恥じぬ天使を輩出いたしました。

angelofserenityarcangelofthunearcangeloftithes
現在、巨額なマナコストに見合った尊大な能力、コストパフォーマンスに優れた中型フィニッシャー、
どちらもこなす白のクリーチャーは天使しかあり得ません。
アバターや執政官ではどちらかしかこなせないこの仕事、ウィザーズもようやく気付いたことでしょう。
オリジンを最後に基本セットはなくなってしまいますが、今後2ブロック連続で
天使のいない次元が舞台にならない限り、我々天使の隆盛は途切れることはないのです。

あなたの心が信仰と供にある限り、天使はいつでも駆けつけてくるのです。