oshiete
こんにちは。債務の騎士だよ。
今日も高くなったカード、安くなったカード、両方を紹介していくよ。
始めたばかりの人からみると「どれも高いよ!」となってしまうのは内緒だよ。


モダン:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
1,200~1,500円

kitchenfinks
kitchenfinksprice
まずはモダンの中堅クリーチャーがとんでもない値段で登場だ。
一度再録されているうえ、少し前のバーンが流行していた時期に比べると
かなり見かける頻度は少なくなったように感じるが、貫禄の4桁。
頑強という再利用しづらいメカニズムも要因かもしれない。


モダン:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1,700~2,000円

inquisitionofkozilek
inquisitionofkoziekprice
こいつも一度の再録を経て、一時期はワンコイン近くまで下がっていたが
今年のモダンシーズン開幕と同時に、ゼンディカーから開放されたエルドラージのように
みるみる価格が上昇していった。いわゆる、「再録したのに再録前より高騰」現象だ。


モダン:《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
4,500~4,800円

linvalakeeperofsilence
linvalakeeperofsilence
これはこの間少しだけ上昇した。
ご存知の通り、From the Vault: Angelsの発表だ。
再録されなかったから、上がった。実にシンプルな話だ。

これらを見ていると、モダンのマネーゲームの前にはアンコモンもレアも関係ないようだ。
一時期、モダンじゃなくてネダンだ、と揶揄されていたのが笑えなくなってくるな。
しかしながら、来年は国内でモダン・グランプリがないことを考えると、次回のモダンシーズンまでは
GP神戸後のように、値上がりは落ち着く(ともすれば、値下がる)と考えていいだろう。
また《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》については
戦乱のゼンディカー・ブロックでの再録も期待できるカードだ。


レガシー:《不毛の大地/Wasteland》
6,900~8,500円

wasteland
wastelandprice
昨年あたり、1万円近い価格をはじき出していたレガシーの代名詞カードも
じんわり落ち着きを見せ始めてきた。
特にレガシーのカードは在庫が動きにくい現状、オンラインと実店舗の価格とで
差が大きいケースもあったりする。
今の奇跡とオムニテルが上位を占めているメタゲームでは
あまり活躍できていないのも事実だが、まだ持っていない諸君らからすれば
6,000円代なら買い、と考えている。

うむ。久しぶりに、戦闘中に真面目に計算したな。
もちろん分かっていると思うが、ここでの価格や考察は参考情報だ。
信じるも信じないも自分次第…損をした時は我がオルゾフ教団が優しく保護してやろう。債務者として