ワールドマジックカップ2015予選も大盛況のまま終わりを迎え、
ようやく本年のモダン・シーズンも一息ついたころ…
海を越えたアメリカの地でも熱い戦いが繰り広げられていました!

StarCityGames Modern Open at Cincinnati on 9/5/2015
Winner 感染/Infect
Finalist 感染/Infect
3rd Place 親和/Affinity
4th Place マーフォーク/Merfolk
5th Place 親和/Affinity
6th Place 青白コントロール/UW Control
7th Place 純正双子/UR Twin
8th Place スリヴァー/Slivers

creatures (30)
2 《収差スリヴァー/Blur Sliver》
1 《暗心スリヴァー/Darkheart Sliver》
3 《拡散スリヴァー/Diffusion Sliver》
4 《風乗りスリヴァー/Galerider Sliver》
4 《マナ編みスリヴァー/Manaweft Sliver》
2 《壊死スリヴァー/Necrotic Sliver》
4 《捕食スリヴァー/Predatory Sliver》
3 《菅草スリヴァー/Sedge Sliver》
2 《歩哨スリヴァー/Sentinel Sliver》
4 《筋力スリヴァー/Sinew Sliver》
1 《吸管スリヴァー/Syphon Sliver》


lands (20)
1 《森/Forest》
1 《血の墓所/Blood Crypt》
1 《繁殖池/Breeding Pool》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4 《変わり谷/Mutavault》
2 《草むした墓/Overgrown Tomb》
4 《スリヴァーの巣/Sliver Hive》
2 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》


Spells (10)
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《集合した中隊/Collected Company》


sideboard
2 《骨鎌スリヴァー/Bonescythe Sliver》
1 《暗心スリヴァー/Darkheart Sliver》
3 《調和スリヴァー/Harmonic Sliver》
1 《陰影スリヴァー/Shadow Sliver》
2 《吸管スリヴァー/Syphon Sliver》
2 《念動スリヴァー/Telekinetic Sliver》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《巣主スリヴァー/Sliver Hivelord》
predatorysliversinewsliversedgesliver
darkheartslivernecroticsliverhivelordsliver
M14、M15と基本セットに連続してフィーチャーされ
実しやかに成立が囁かれてきたスリヴァーデッキ!
擬似ロード能力持ちである《菅草スリヴァー/Sedge Sliver》や
モダンで使用できない《名誉回復/Vindicate》を再現した《壊死スリヴァー/Necrotic Sliver》の
採用がシブいです!《魂の洞窟/Cavern of the Souls》や《霊気の薬瓶/AEther Vial》から
打ち消されずに登場する各種システム・スリヴァー達は凶悪の一言。
そして《巣主スリヴァー/Sliver Hivelord》は文字通りフィニッシャーです!

creatures (28)
1 《呪文滑り/Spellskite》
4 《極楽鳥/Birds of Paradise》
2 《永遠の証人/Eternal Witness》
1 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
3 《修復の天使/Restoration Angel》
2 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《罪の収集者/Sin Collector》
4 《復活の声/Voice of Resurgence》
3 《前兆の壁/Wall of Omens》
1 《根の壁/Wall of Roots》
3 《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
2 《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》
1 《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》

lands (23)
3 《森/Forest》
1 《山/Mountain》
1 《平地/Plains》
2 《火の灯る茂み/Fire-Lit Thicket》
1 《地平線の梢/Horizon Canopy》
1 《草むした墓/Overgrown Tomb》
2 《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
1 《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
2 《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1 《寺院の庭/Temple Garden》
4 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》


spells (9)
1 《崇拝/Worship》
4 《召喚の調べ/Chord of Calling》
4 《流刑への道/Path to Exile》


sideboard
2 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《オーリオックのチャンピオン/Auriok Champion》
1 《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1 《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
1 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
2 《罪の収集者/Sin Collector》
3 《石のような静寂/Stony Silence》
2 《崇拝/Worship》
1 《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
1 《天界の粛清/Celestial Purge》
kikijikimirrorbreakerrestorationangelchordofcalling
《出産の殻/Birthing Pod》、《集合した中隊/Collected Company》と
殻系デッキの系譜は姿を変え形を変え、脈々と受け継がれてきました。
最新版は、そのどちらも用いずに《召喚の調べ/Chord of Calling》のみでコンボを決める、
"シナジー<カードパワー"のジャンク的な要素の強いデッキです。
中隊が無い分ピン挿しが減っており、ビートダウンとしても十分戦えそうです。

Jacob Van Lunen -  Elvish Evolution
creature (27)
4 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4 《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4 《遺産のドルイド/Heritage Druid》
4 《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》
4 《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4 《本質の管理人/Essence Warden》
1 《ドゥイネンの精鋭/Dwynen's Elite》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1 《威厳の魔力/Regal Force》

spell (16)
2 《奇妙な収穫/Weird Harvest》
4 《召喚士の契約/Summoner's Pact》
3 《雲石の工芸品/Cloudstone Curio》
4 《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
3 《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》


land (17)
16 《森/Forest》
1 《ペンデルヘイヴン/Pendelhaven》


sideboard (15)
1 《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》
2 《奇妙な収穫/Weird Harvest》
4 《四肢切断/Dismember》
4 《自然の要求/Nature's Claim》
2 《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter》
2 《忍び寄る腐食/Creeping Corrosion》
cloudstonecurioweirdharvestevolutionaryleap
essencewardendwyneneliteheritagedruid
最後に紹介するのは公式記事より、ユニークなモダン・エルフです。
モダン版《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》としてエルフで使われ高騰した
ちょっと汚い愛称で知られる《雲石の工芸品/Cloudstone Curio》(うんせきのうげいひん)。
このデッキではさらに《奇妙な収穫/Weird Harvest》や《進化の飛躍/Evolutionary Leap》まで採用し
下記無限コンボを高確率で決められるように調整されているとのことです。

#1 《雲石の工芸品/Cloudstone Curio》+《遺産のドルイド/Heritage Druid》
 +《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》+いずれかの1マナを出すエルフ=無限マナ


#2 《雲石の工芸品/Cloudstone Curio》+《遺産のドルイド/Heritage Druid》
 +《本質の管理人/Essence Warden》+いずれかの1マナを出すエルフ=無限ライフ


#3 《雲石の工芸品/Cloudstone Curio》+《遺産のドルイド/Heritage Druid》
 +《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》+《エルフの幻想家/Elvish Visionary》=デッキ分ドロー


#4 《雲石の工芸品/Cloudstone Curio》+《遺産のドルイド/Heritage Druid》
 +《ドゥイネンの精鋭/Dwynen's Elite》=無限トークン

特に最後のコンボは、各種サーチ手段のおかげでかなりの頻度で決められそう!
今から年明け最初のプロツアー・モダンが待ちきれません。