oshiete
みなさん、戦乱のゼンディカーのプレリリースは楽しんでいるかな。債務の騎士だ。
スタンダードのローテーションがあるため、本日ピックアップするのは
幅広い環境で使われるカードたちだ。


スタンダード・レガシー:
《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vrin's Prodigy》
7,500~8,500円

jacevrinsprodigyjacetelepathunbound
jaceprice
発売当初、オリジンのプレインズウォーカーの中では中堅もいいところの評価だった
《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vrin's Prodigy》だが、もはや留まるところを知らない値動きだ。
スタンダードはもちろんだが、レガシーにおいても
StarCityGamesのここ2ヶ月の主要大会での採用率が異常なことになっている。
コントロールはもちろん、アグロやコンボデッキも軒並み採用しているところから
この値上がりも納得、といったところだろうか。
jacethemindsculpter
jaceprice2
そろそろ追いつかれそうなこちらも注目。
しかし1万円クラスを2枚輩出と、いかにジェイスが
プレインズウォーカーとして異質な存在かわかるだろう。



モダン:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
2,200~3,400円

kotm
kotrprice
retreattocoralhelmkessigwolfrun
すでに話題になっているが、戦乱のゼンディカーで登場した
《珊瑚兜への撤退/Retreat to Coralhelm》の上陸能力を悪用し、
平地か森の続く限り《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》を起動し続け、
最後に浮いたマナから《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》などでフィニッシュする
ワンショットキルコンボが開発されたことで、かつてのレガシーの雄が数年ぶりに高騰だ。
deathriteshamanabruptdecay
"KotR"の愛称や、ニューホライズン等の専用デッキで親しまれたのも今は昔。
墓地から土地を吸い尽くす《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》と
3マナ以下のパーマネントの人権を無くす《突然の衰微/Abrupt Decay》の登場で
もはやレガシーで見かけることはなくなってしまった《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》。
しかし、バントカラーを愛し、同じ騎士としての縁もある債務の騎士としては、
是非レガシーでも活躍してほしいものだ。(そもそもまだ活躍するかどうかもわからないが)

少し思い出話が多くなってしまったが、もしかすると
そろそろモダンもレガシーも転換期に来ているのではないだろうか。
イニストラードやラヴニカへの回帰、タルキール覇王譚と、秋の大型エキスパンションは
下の環境に影響を与えるカードが多いので、戦乱のゼンディカーのカードにも要注目だ。
ちなみに万が一トレジャーを引き当てようものなら、我がオルゾフ教団が全力で
保護しに行くので、債務者は早急に最寄の教団窓口まで相談するように。