debttech
先日、レガシーの環境を揺るがす大きな禁止改訂が発表された。
《時を越えた探索/Dig Through Time》の禁止―。
手札や土地破壊によって失われたリソースをたった2マナで補給する
そのカードの禁止に、多くの非青デッキ使いは昂ぶったことだろう。

Eva Green - Nakajima Koichi 5th Place at MMFC on 9/12/2015
Lands(23)
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
3 《暗黒の深部/Dark Depths》
3 《Bayou》
1 《Scrubland》
3 《不毛の大地/Wasteland》
2 《沼/Swamp》
1 《森/Forest》


Creature(15)
3 《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2 《闇の腹心/Dark Confidant》
2 《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》


Spell(22)
3 《小悪疫/Smallpox》
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《Hymn to Tourach》
2 《未練ある魂/Lingering Souls》
3 《生ける願い/Living Wish》
3 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》


Sideboards
1 《暗黒の深部/Dark Depths》
1 《不毛の大地/Wasteland》
1 《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《Karakas》
1 《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4 《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《根絶/Extirpate》
タルモゴイフの昔から存在し、現在は見かけることがほとんどなくなった
アーキタイプ、それがBGミッドレンジ―Eva Greenである。
タルモゴイフが必要なものの青を用いないその構成は
レガシーではお手軽な部類のデッキだった(現在はヴェールのリリアナの高騰でその地位も危うい)
ナカジマは白をタッチすることで《未練ある魂/Lingering Souls》の採用に成功。
フェアデッキがこのしぶといジャンク戦略を攻略するのはかなり骨が折れそうだ。
hymntotourachliliannaoftheveillingeringsouls
面白いのが《生ける願い/Living Wish》によるシルバーバレットだ。
サイドボードには、この3色だからこそ可能な、とにかくとがった1枚差しの
クリーチャーと土地がずらりと並んでいる。
しかも、少しでも隙があれば《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》と
《暗黒の深部/Dark Depths》コンボが対戦相手の喉首を狙う。
livingwishdarkdepthsvampirehexmage
冒頭で述べた通り、間違いなく今のレガシーは手札破壊戦術擁する
黒にとって追い風が吹いている状況だ。
今こそ、黒が強かった昔のアーキタイプを《探査/Delve》し、
データベースから《時を越えた探索/Dig Through Time》をしてみてはいかがだろうか。