《時を越えた探索/Dig Through Time》禁止後、最初の国内大規模大会
Big Magic Openが開催されました!
管理人ムンナも出場したこの大会、結果は…

Big Magic Open Legacy vol.5 on 10/11/2015
Winner Miracles/奇跡
Finalist ANT/Ad Nauseam Tendrils
3rd Place リアニメイト/Reanimator
4th Place 赤単ペインター/Mono-Red Painter
5th Place ANT/Ad Nauseam Tendrils
6th Place ANT/Ad Nauseam Tendrils
7th Place BUGデルバー/Sultai Delver
8th Place ANT/Ad Nauseam Tendrils

なんとTOP8にANTが4人という波乱の結果。
決勝ラウンドは全4卓が"ANT"対"何か"という混沌の様相を呈しました!
ちなみに管理人はデス&タックスを使って1-4ドロップです。あーたのしかった(棒

Land(22)
2 《乾燥台地/Arid Mesa》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《島/Island》
1 《Karakas》
2 《平地/Plains》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Tundra》
2 《Volcanic Island》


Creature(4)
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》


Spells(34)
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《思案/Ponder》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《相殺/Counterbalance》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
2 《天使への願い/Entreat the Angels》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
3 《Force of Will》
3 《終末/Terminus》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《紅蓮破/Pyroblast》


Sideboard
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《摩耗/損耗/Wear/Tear》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《Force of Will》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《対抗呪文/Counterspell》

プロ顔負けの腕前で晴れる屋を中心に活躍する強豪、斉藤伸夫が
BMO第五回の王者となりました!
なんと斉藤、この翌日にも、100人を超える参加者を集めた神挑戦者決定戦にて
TOP8に残るというとんでもない結果を残しています。スタミナお化けです。
jacethemindsculptersenseisdiviningtopcounterbalance
おなじみの奇跡デッキは、禁止となったディグもキーカードというわけではなく
むしろこれから、アドバンテージ勝負してくれるなら臨むところの構成。
フィニッシャーである《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》と
《天使への願い/Entreat the Angels》はそれぞれ比較的たっぷり取ってあり
いざとなったらいきなり攻めに転じることもできます。
必要に応じて独楽を起動し、最適解を求める必要のある奇跡デッキ。
大きな大会で扱うには知識もさながら、体力や集中力も必要です。
それにしても、のぶおは強かった!

ANT - Maruyama Shota Finalist at Big Magic Open Legacy on 10/11/2015
Land(15)
1 《島/Island》
2 《沼/Swamp》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《Underground Sea》
1 《Volcanic Island》
1 《Tropical Island》


Spell(45)
4 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
2 《強迫/Duress》
1 《思案/Ponder》
1 《汚物の雨/Rain of Filth》
1 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《定業/Preordain》
3 《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
4 《冥府の教示者/Infernal Tutor》
2 《炎の中の過去/Past in Flames》
3 《苦悶の触手/Tendrils of Agony》


Sideboard
1 《Bayou》
2 《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
3 《夜の戦慄/Dread of Night》
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
2 《むかつき/Ad Nauseam》
lionseyediamondrainoffilthtendrilsofagony
マジックにはストーム脳というのがあって
戦闘や呪文の応酬とはまた別な考え方、駆け引きがあるという…。
丸山の"ANT"には、メインデッキにその由来たる《むかつき/Ad Nauseam》が存在しません。
純粋にマナ加速とドローを連打し、《苦悶の触手/Tendrils of Agony》まで繋げる、
というプランなのでしょう。速度で勝るが安定性に欠ける《むかつき/Ad Nauseam》は
速いデッキ相手のサイドとして落とし込むアイデア。これもまさにストーム脳の賜物!?

《汚物の雨/Rain of Filth》や《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》など
独創的な1枚差しも光るこのデッキ。オムニテルの凋落によってコンボ対策が緩んだこともあり
今後もスニークショウと並んで、警戒を怠ることは命取りになりそうです。


というわけでBMO、納得のいく結果を残せた人も残せなかった人も
まだまだ新環境は始まったばかり。今後も切磋琢磨して
レガシーに励みましょう。それではまた次回、大規模大会で!