日本人が1、2フィニッシュで大盛況のうちに幕を閉じた
プロツアー"戦乱のゼンディカー"
今回は少し趣向を変えて、そのゼンディカーより新カードをピックアップ。
膨大なカードプールから無限の可能性を秘めたレガシーで
何とかデッキを組めないか、挑んでみました。
kioramasterofhedepths
《深海の主、キオーラ/Kiora, Master of the Depths》
(2)(G)(U)  プレインズウォーカー — キオーラ(Kiora)

[+1]:クリーチャーを最大1体と土地を最大1つ対象とし、それらをアンタップする。

[-2]:あなたのライブラリーの一番上から4枚のカードを公開する。あなたは、その中のクリーチャー・カードを最大1枚と土地カードを最大1枚あなたの手札に加えてもよい。残りをあなたの墓地に置く。

[-8]:あなたは「クリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、クリーチャー1体を対象とする。あなたは『その戦場に出たクリーチャーはそれと格闘を行う。』を選んでもよい。」を持つ紋章を得る。その後、青の8/8のタコ(Octopus)・クリーチャー・トークンを3個戦場に出す。


初期忠誠度:4
まず、レガシーにおいて確実に比較対象に上げられるカードがあります。
それがこいつ
jacethemindsculpter「私だ。」
《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

まずは彼と比べて、キオーラが劣っていると思われるポイントを探します。


・自分を守れない
強いプレインズウォーカーの基準として、自分を守れるということがあります。
多くはトークンを出したりしますが、ジェイスの場合はバウンスという直接的なもの。
一方、キオーラは自分を守る手段を持ちません。
ですが、僕はこの点についてはあまり心配はしていません。理由は後述。

・得られるアドバンテージが不確実
ジェイスは[0]能力で確実にアドバンテージを稼げるのに対し
キオーラは[-2]能力を使った場合、ごく稀に失敗する恐れがあります。

しかし、これも問題ありません。
その理由は、彼にあります!


tezzeretagentofbolas「俺だぜ。」
《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》

彼がどう関係しているのか。
テゼレットもまた青い4マナのプレインズウォーカーとして
ジェイスの影に隠れがちな存在ですが、そんな逆境にいて
彼はちゃんとレガシーでも一定の立ち位置を確保しています。

それは、彼はアーティファクトデッキにおいて
ジェイス以上の活躍を見せるからです。

そう。
キオーラもまた、ジェイスと違う方向性において
パフォーマンスを発揮することが可能なのではないでしょうか!?

UG Madness - Sample
Land(20)
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》

4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1
《島/Island》
1 《森/Forest》
1 《沼/Swamp》
3 《Underground Sea》
3 《Tropical Island》
3 《不毛の大地/Wasteland》


Creature(20)
4 《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《野生の雑種犬/Wild Mongrel》
4 《恐血鬼/Bloodghast》
4 《復讐蔦/Vengevine》


Spells(20)
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《目くらまし/Daze》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《直観/Intuition》
4 《深海の主、キオーラ/Kiora, Master of the Depths》
4 《Force of Will》

vengevinewildmongrel
キオーラの[-2]能力でカードが墓地に送られることを利用した
懐かしのマッドネスデッキです。
除去が少なすぎるので、もう一工夫加えたいところ。

このように、キオーラはクリーチャーが多めのデッキであれば
ジェイス以上のパフォーマンスを発揮できそう!な気がします。
そう、クリーチャーが多めのデッキなら、キオーラを守る
ブロッカーの手配も簡単なはず。目指せ、シミサーの姫。

Food Chain - Sample
Land(20)
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《Tropical Island》

2 《Tundra》
3 《島/Island》
2 《森/Forest》
1 《平地》
1 《Karakas》

Creature(22)
4 《Noble Hierarch/貴族の教主》
4
《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
1 《起源のハイドラ/Genesis Hydra》
2 《激情の共感者/Fierce Empath》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《オーラ術師/Auramancer》
4 《霧虚ろのグリフィン/Misthollow Griffin》
2 《森林の怒声吠え/Woodland Browler》
1 《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》

Spell(18)
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《運命の操作/Manipulate Fate》
4 《食物連鎖/Food Chain》

3 《深海の主、キオーラ/Kiora, Master of the Depths》

4 《Force of Will》
foodchainmisthollowgriffin
こちらは一部のプレイヤーにはすっかりおなじみ、食物連鎖です。
マッドネスはBUGで組んだので、こちらはバントカラーでまとめてみました。
いくつシナジーがあるか、見つけられるでしょうか?

Stasis - Sample
Land(25)
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《Tropical Island》

7 《島/Island》
6 《森/Forest》

Creature(11)
4 《Noble Hierarch/貴族の教主》
4
《フェアリーの大群/Cloud of Faeries》
3 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

Spell(24)
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《停滞/Stasis》
4 《目くらまし/Daze》

4 《深海の主、キオーラ/Kiora, Master of the Depths》

2 《凍りつく霊気/Flozen AEther》
1 《妨害/Swart》
4 《Force of Will》
1 《誤った指図/Misdirection》
stasisfrozenaether
[-2]能力を利用した例ばかりだったので、最後は[+1]を用いた例を。
もはや懐かしいレベルを超えてしまった感がある、《停滞/Stasis》です。
《野性語りのガラク/Garruk Wildspeaker》を用いたガラクステイシスが有名ですが
キオーラならある程度[+1]能力を使用した後は
奥義でより直接的に勝利することが可能です。

何より、キオーラの強みは《Force of Will》のコストに充てられるところ。
青いプレインズウォーカーはこれだけで、レガシーで考える価値があると思います。
皆さんも「えっ?これ本当にレガシー級?」なカードで周りを驚かせましょう!