毎週StarCityGamesの結果を見ていれば、
よく目にするプレイヤーがたくさんいると思います。
感染使い、Tom Rossもその一人!
tomross
poisoncounter
"The Boss"の愛称で知られる彼は
イケメンすぎてインビテーショナルカードまで
作られるほど!

そんな彼が、またまたやりました!

StarCityGames Legacy Open at St.Louis on 10/24/2015
Winner 感染/Infect
Finalist ANT/Ad Nauseam Tendrils
3rd Place RUGデルバー/Temur Delver
4th Place 珊瑚兜バント/Reliquary Retreat
5th Place BUG続唱/Shardless Sultai
6th Place WRデス&タックス/WR Death&Taxes
7th Place 奇跡/Miracles
8th Place BUG続唱/Shardless Sultai

Spells (28)
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《強大化/Become Immense》
2 《Berserk》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
1 《輪作/Crop Rotation》
3 《目くらまし/Daze》
3 《Force of Will》
4 《激励/Invigorate》
1 《海賊の魔除け/Piracy Charm》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《巨森の蔦/Vines of Vastwood》
2 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
1 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
1 《思案/Ponder》


lands (19)
1 《森/Forest》
4 《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《Tropical Island》
3 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《不毛の大地/Wasteland》
2 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《ペンデルヘイヴン/Pendelhaven》


creatures (13)
4 《荒廃の工作員/Blighted Agent》
4 《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf》
4 《貴族の教主/Noble Hierarch》
1 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》


sideboard
1 《屍百足/Necropede》
1 《呪文滑り/Spellskite》
1 《ヴィリジアンの堕落者/Viridian Corrupter》
1 《輪作/Crop Rotation》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《Force of Will》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《自然の要求/Nature's Claim》
2 《水没/Submerge》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《不毛の大地/Wasteland》
1 《Karakas》
glistenerelfblightedagentinkmothnexus
レガシー以下の環境でしか使えない凶悪スペル
《激励/Invigorate》と《berserk》による感染クリーチャーのワンショットキルを狙うデッキです。
《Force of Will》や《目くらまし/Daze》などのピッチスペルも使えるため
モダンのそれよりも十二分に速さを生かした動きをしていきます。

sylvanlibrarypiracycharmvinesofvastwood
このTom Rossの最新版では、通常、サイドボードに入っている
《森の知恵/Sylvan Library》や《海賊の魔除け/Piracy Charm》が
メインで使われており、さらにはクロックを守る重要カード
《巨森の蔦/Vines of Vastwood》が2枚しか入っていません。
マスターだからこそできる独自のチューンが光っています!

そして、何よりも今回の注目株はスイス1位のこのデッキでしょう。

lands (21)
1 《森/Forest》
1 《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《Savannah》
1 《セジーリのステップ/Sejiri Steppe》
1 《Taiga》
3 《Tropical Island》
2 《Tundra》
2 《不毛の大地/Wasteland》
4 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《Karakas》


Spells (26)
4 《珊瑚兜への撤退/Retreat to Coralhelm》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》


creatures (13)
1 《極楽鳥/Birds of Paradise》
4 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
3 《貴族の教主/Noble Hierarch》
1 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1 《鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Herons》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》


sideboard
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《輪作/Crop Rotation》
2 《被覆/Envelop》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《水没/Submerge》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
retreattocoralhelmknightofthereliquarykessigwolfrun
以前チラッと話題にした《珊瑚兜への撤退/Retreat to Koralhelm》で
《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》能力の起動&アンタップを繰り返し
その間に浮いたマナで《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》を起動する
同じくワンショットキルデッキ、珊瑚兜バント。

アグロにしては、《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》を
クリーチャー換算したとしても17枚と、生物がやや少なめのこのデッキ。
果たしてレガシーのニュースタンダードになれるのでしょうか!?
期待です。


spells (42)
1 《金属モックス/Chrome Mox》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《納墓/Entomb》
3 《御霊の復讐/Goryo's Vengeance》
2 《リム=ドゥールの櫃/Lim-Dul's Vault》
4 《浅すぎる墓穴/Shallow Grave》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《思案/Ponder》
1 《再活性/Reanimate》
1 《苦悶の触手/Tendrils of Agony》
2 《思考囲い/Thoughtseize》


lands (14)
1 《沼/Swamp》
4 《湿地の干潟/Marsh Flats》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《Scrubland》
4 《Underground Sea》


creatures (4)
1 《コーリスの子/Children of Korlis》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
2 《グリセルブランド/Griselbrand》


sideboard
3 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
1 《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
4 《最後の審判/Doomsday》
1 《留まらぬ発想/Ideas Unbound》
1 《殻船着の島/Shelldock Isle》
TOP8以外も、面白いデッキがたくさん登場した今回のSCGO。
久しぶりにやってきたのは、元祖グリセルシュートとも言える"Tin-Fins"
griselbrandchildrenofkolis
モダンのグリセルシュートはグリセルブランドで殴って勝ちますが
こちらはストームのコンボパーツ(ドローソース)になっているのが
面白いところ。

そしてサイドボードに潜んでいるのは伝説の"Doomsday"デッキ!
doomsdaysenseisdiviningtopideasunbound
メジャーなストームデッキであるANTより少ないコンボパーツで
勝利することができる"Doomsday"に変身する
アグレッシブサイドボーディングプランを搭載しています。
これを使いこなせれば、君もストーム博士だ!

ちょっと注意をそらすと、とんでもないアーキタイプが現れるSCGO。
まさにレガシープレイヤーは
《留まらぬ発想/Ideas Unbound》の持ち主です!(言いたいだけ)