ここ最近更新頻度が落ちた?
はい。なぜなら管理人ムンナはプロツアー最初の道、
プロツアー地域予選(RPTQ)に出場していたからです!
決してサボっていたわけではありません。そこらの速報サイトとは違います。
実力のある管理人が贈る戦略・実践記事のあるサイト、それがヴィズ速です。


使用したデッキはナヤ・カンパニー!

MOONaya Company - Munna
lands (22)
4 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3 《寺院の庭/Pendelhaven》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《森/Forest》
2 《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1 《平地/Plains》
1 《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》

1 《幽霊街/Ghost Quater》
1 《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》

creatures (27)
4 《野生のナカティル/Blighted Agent》
3 《貴族の教主/Noble Hierarch》
2 《極楽鳥/Birds of Paradise》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
3 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
2 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4
《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》

3 《台所の嫌がらせ屋/Kithcen Finks》
2 《聖遺の騎士/Knight of Reliquary》

Spells (11)
4 《流刑への道/Path to Exile》
3 《稲妻/Lightning Bolt》
2 《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
2 《集合した中隊/Collected Company》


sideboard
3 《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
2 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
2 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2 《コーの火歩き/Kor Firewalker》
2 《月の大魔術師/Magus of the Moon》
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1 《石のような静寂/Stony Silence》
1 《血染めの月/Blood Moon》
1 《呪文滑り/Spellskite》
wildnacatlcollectedcompanyhallowedmoonlight
一般的なナヤ・カンパニーと違う点は
デッキ名にもなっている《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》の採用です。
リビング・エンドやグリセルシュート、実は相性が悪いエルフや同型に対し
予想外の角度からメタることができます。
その他、細かい点としては調整のうちにそこまで強くないと感じた
《集合した中隊/Collected Company》を減らしたり、
黒系ミッドレンジへのメタで単体の制圧力より場持ちの良さを優先して
《聖遺の騎士/Knight of Reliquary》ではなく
《台所の嫌がらせ屋/Kithcen Finks》を採用したり、といったところです。

RPTQへ参加するきっかけとなったPPTQの結果はこんな感じ。

グリセルシュート ×○×
親和 ×○○
ジャンド ×○-
ジャンク ×○○
タルモツイン ×○○
SF グリクシスコントロール ○○
F ジャンド ○○

あらためて見返すと、メタ読みが上手くいった感じです。
アンフェア系デッキには勝率は良くないものの
グリクシスやジャンドといった相手に無類の強さを誇るナヤ。
RPTQ本戦もこれでいこう!と決めました。

果たして結果は…!?







バーン ○×○
同型(5位) ××
アイアンワークス ×○×
BG感染 ×○○
WBトークン ×○×

無念の2-3ドロップ…!
く、悔しい!特に2回戦の同型!

ここからは敗因を冷静に分析していきます。
まぁ一番はモダンシーズン終了に伴い
ろくに練習時間がとれなかったこともあるのですが…。

敗因1 メタゲームの読み違い
"RPTQ=全国の猛者(もさ)達が集う群雄割拠の戦場"を
イメージし、Tier1の親和、バーン、双子やグリクシス、
土地コンボだらけの大会をイメージしていましたが
実際には日本レガシー選手権やBMOで幾度となく経験してきた
普通の100余人規模の大会とそんなに変わらない雰囲気でした。
ただ、2回戦で負けた同型の方はそのまま5位まで行っているので
デッキ選択はそこまで間違っていなかった、と思います。

次回モダンの大会に出るときは、メインをあまり丸くさせすぎず
やりたいことやコンセプトを曲げすぎないことが必要と感じました。
今回の場合、《集合した中隊/Collected Company》や
《聖遺の騎士/Knight of Reliquary》を減らしすぎ、
もとの「生物を並べて殴る」軸が少しぶれてしまったと反省しています。


敗因2 モダン経験の足りなさ
比較的札幌にてモダンの大会には出ていたと自負はありましたが
所詮、井の中の蛙。本州やMOプレイヤーの練習量には敵いません。
3回戦目のアイアンワークス戦は、別に経験があったから
どうにかなった、というわけではありませんが
もう少し何とかならなかったのか…?と感じました。

というわけで、マッチを個別に見ていきます。


1回戦 バーン ○×○
初戦から、DTKのRPTQ TOP16の方とのマッチで
緊張してガッチガチになるも、サイド後はきちんとマリガンで
《コーの火歩き/Kor Firewalker》をキープできたので
ここは下手くそなりに頑張った、と思います。
korfirewalker


2回戦 ナヤ・カンパニー(5位) ××
反省マッチその1。完全に同型との対戦は意識していませんでした。
《集合した中隊/Collected Company》と《聖遺の騎士/Knight of Reliquary》の
枚数から考えて、物量では敗北は必至です。
サイド後、手札には《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》があり
フェッチで何となく《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》を持ってくると
次のドローは《月の大魔術師/Magus of the Moon》!
《平地/Plains》が無かったため先に強打者を出さざるを得ず
テンポが全くとれない、というミスもありました。
相手は《流刑への道/Path to Exile》を握っていたため
直接の敗因ではないとは思いますが、経験があれば防げたミスのはず。


3回戦 アイアンワークス
要するに以前紹介した《蔵の開放/Open the Vaults》デッキです。
clarkclanfoundrychromaticstaropenthevault
対戦してわかったのが、コンボが始まると干渉手段が無く
単なるアーティファクト破壊が何も役に立たないことでした。
確実に、墓地対策カードが少なすぎたことを感じました。
stonysilenceecholingtruth
3本目、《石のような静寂/Stony Silence》を握り勝利を確信!
その後もアーティファクト破壊カードを次々と引き込み
一息つくも、《残響する真実/Echoing Truth》でバウンスされ
次のターンでコンボが決まり敗北。ま、そうですよね…。


4回戦 BG感染 ×○○
1戦目は手札確認後、飛行感染持ちにオールインされて負け。
2戦目、3戦目は《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》を
出されるも、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》がこれを何とか退いてくれました。
phyrexiancrusader


5回戦 WBトークン ×○×
ここにきて相性最悪のマッチアップ。
《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》を引き込まないと
トークン軍団に延々とチャンプブロックされて負けてしまいます。
しかしここは今日の人。1、2本目できちんと引いて望みを繋ぎます。
迎えた3本目、相手トリマリで勝利を確信!
…すると、こちらは土地が2枚で止まってしまい
相手のライフ1点まで追い詰めるも、負けてしまいました。
最後の最後、一番重要なところで
《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》を引けませんでした…。


RPTQ at Tokyo on 10/31
Winner 呪禁オーラ/Aura Hexproof
Finalist ジャンド/Jund
3rd Place WUB導師/Esper Mentor
4th Place バーン/Burn
5th Place ナヤ・カンパニー/Naya Company
6th Place GRトロン/Tron
7th Place WURコントロール/Tricolor Control
8th Place タルモハサミ親和バーン/Affinity
RPTQ東京、結果はこんな感じです。
当たり運のせいにしたくはないですが、Tier上位デッキに
もっと当たりたかったですね。
ただ、やはり遠征しての競技プレイは本当に楽しい!ので
これからもグランプリやPTQは積極的に参加したいと思います。

以上、何の参考にもならないかもしれませんが、RPTQ参戦記でした!