カテゴリ:オルゾフ組会報 > 教えて!債務の騎士

oshiete
やあ、諸君。
新エキスパンションの発売と
先日の双子禁止を受けて、モダン市場の
値動きがとんでもないことになっているぞ。
まさにエルドラージの進撃を受けている
かのような大暴れだ…。

エルドラージデッキの隆盛:
《ウギンの目/Eye of Ugin》
《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/
Urborg, Tomb of Yawgmoth》
eyeofugineldrazitempleurborgtombofyawgmoth
eyeofuginprice
eldrazitempleprice
urborgprice
"ゲートウォッチの誓い"フルスポイラーの
公開前後から、モダンでエルドラージデッキが
成立するのではないか?という噂が
早くも実現しそうな形になってしまった。

個人的には、今までランプ型しかなかった
エルドラージデッキに新しい構成が
生まれるのは喜ばしいと思っているが
次元の捕食者にこのまま覇権を渡して
いいのか?気になるところだ…。


禁止改訂を受けて(禁止回避組):
《御霊の復讐/Goryo's Vengeance》
《風景の変容/Scapeshift》
《鏡割りのキキジキ/
Kiki-Jiki, Mirror Breaker》
goryosvengencescapeshiftkikijikimirrorbreaker
goryosvengeancepricescapeshiftprice
kikijikiprice

禁止改訂が発表されたということは
今後次のエキスパンション発表まで
新たな禁止はないということだ。
禁止スレスレのものから、
今後しばらくは禁止されないことが
ほぼ確定のもの、代替パーツなど
色々な情報を垣間見ることができる。


禁止改訂を受けて(既存強化組):
《復活の声/Voice of Resurgence》
《燃え柳の木立ち/
Grove of the Burnwillows》
voiceofresurgencegroveofburningwillow
voiceofresurgenceprice
groveoftheburnwillowsprice
双子禁止でフェアデッキが増加することが
見込まれるモダンにおいて
既存のアーキタイプの
対フェアデッキカードもすこぶる好調だ。
注目はトロンが採用する燃え柳の木立ち。
実際に土地単でも使われているが、
1万円台の土地はまさにレガシー級だ。

プロツアー直前ということで
モダンの値動きに注視してみたが
これが新規参入の障壁にならないか、
少し行く末が心配な今日この頃だ。

oshiete
またまたご無沙汰しているな。債務の騎士だ。
マジック的にはオフシーズンな今こそ、
何か新しい《隆盛+下落/Rise+Fal》カードが
存在するのではないだろうかと思ってね。
案の定…見つけたよ。


モダン:《きらめく願い/Glittering Wish》
700~900円

glitteringwish
glitteringwishprice
《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》コンボが
モダンでも有用ということが判明して以来、
ストレージ枠から高騰。一時は2000円代まで
記録したこともあったはずだが、知らないうちに
とうとう4桁を割っていたのがこのカードだ。
最後、少しだけ微増しているのは
ここ最近、MOでちょっとだけ結果を
残しているのと関係あるのかもしれないな。


モダン:《滋養の群れ/Nourishing Shoal》
1,100~1,700円

nourishingshoal
nourishingshoalprice

Super Crazy Zooのサイドボードと
グリセルシュートでのライフ補填手段として
これもまた、ストレージから大躍進を遂げた
カードだったが、全盛期から半分近く割り込んでいる。

モダン、レガシー:《闇の腹心/Dark Confidant》
5,500~6,500円

darkconfidant
darkconfidantprice
トレーダー/バイヤー界隈では
"今ガンガン下がっているカード"の筆頭として
槍玉に挙げられているのがこいつだ。
主にこいつを使うようなテンポ~ミッドレンジが
《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》等
探査カードをフィニッシャーに据えてきているのが
一助になっている気がするぞ。

環境によって強さを変えるカードでもあるので
まだ持っていない人はそろそろ集めてみるのも
いいかもしれない。

モダン、レガシー:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
17,000~19,000円

tarmogoyf
tarmogoyfprice
ついにこの記事でも取り上げる時が来てしまった。
MTGを代表する高額カード、タルモゴイフ。
2回も再録されているので値下がりも妥当…
なのだが、モダンマスターズ1発売当初は
1万円代前半くらいの価格だったのを覚えている。
とはいえ、今後劇的に下がる理由も考えづらいので
やはり押さえるなら今かもしれない。

ちなみに、とある筋からの話だとFoil版は
モダンマスターズ2なら今、かなりお買い得らしい。
(尤も、デッキをFoilで揃えている人達からすると
未来予知版以外は価値がないそうだが)



今回は下がっているカードが中心だったが
いかがだろうか。来年はモダンのプロツアー、
そしてレガシーのグランプリがあるので
気になっている人は、やはりオフシーズンの
今集めるのが板、ではないかな?

oshiete
みなさん、戦乱のゼンディカーのプレリリースは楽しんでいるかな。債務の騎士だ。
スタンダードのローテーションがあるため、本日ピックアップするのは
幅広い環境で使われるカードたちだ。


スタンダード・レガシー:
《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vrin's Prodigy》
7,500~8,500円

jacevrinsprodigyjacetelepathunbound
jaceprice
発売当初、オリジンのプレインズウォーカーの中では中堅もいいところの評価だった
《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vrin's Prodigy》だが、もはや留まるところを知らない値動きだ。
スタンダードはもちろんだが、レガシーにおいても
StarCityGamesのここ2ヶ月の主要大会での採用率が異常なことになっている。
コントロールはもちろん、アグロやコンボデッキも軒並み採用しているところから
この値上がりも納得、といったところだろうか。
jacethemindsculpter
jaceprice2
そろそろ追いつかれそうなこちらも注目。
しかし1万円クラスを2枚輩出と、いかにジェイスが
プレインズウォーカーとして異質な存在かわかるだろう。



モダン:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
2,200~3,400円

kotm
kotrprice
retreattocoralhelmkessigwolfrun
すでに話題になっているが、戦乱のゼンディカーで登場した
《珊瑚兜への撤退/Retreat to Coralhelm》の上陸能力を悪用し、
平地か森の続く限り《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》を起動し続け、
最後に浮いたマナから《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》などでフィニッシュする
ワンショットキルコンボが開発されたことで、かつてのレガシーの雄が数年ぶりに高騰だ。
deathriteshamanabruptdecay
"KotR"の愛称や、ニューホライズン等の専用デッキで親しまれたのも今は昔。
墓地から土地を吸い尽くす《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》と
3マナ以下のパーマネントの人権を無くす《突然の衰微/Abrupt Decay》の登場で
もはやレガシーで見かけることはなくなってしまった《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》。
しかし、バントカラーを愛し、同じ騎士としての縁もある債務の騎士としては、
是非レガシーでも活躍してほしいものだ。(そもそもまだ活躍するかどうかもわからないが)

少し思い出話が多くなってしまったが、もしかすると
そろそろモダンもレガシーも転換期に来ているのではないだろうか。
イニストラードやラヴニカへの回帰、タルキール覇王譚と、秋の大型エキスパンションは
下の環境に影響を与えるカードが多いので、戦乱のゼンディカーのカードにも要注目だ。
ちなみに万が一トレジャーを引き当てようものなら、我がオルゾフ教団が全力で
保護しに行くので、債務者は早急に最寄の教団窓口まで相談するように。

oshiete
こんにちは。債務の騎士だよ。
今日も高くなったカード、安くなったカード、両方を紹介していくよ。
始めたばかりの人からみると「どれも高いよ!」となってしまうのは内緒だよ。


モダン:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
1,200~1,500円

kitchenfinks
kitchenfinksprice
まずはモダンの中堅クリーチャーがとんでもない値段で登場だ。
一度再録されているうえ、少し前のバーンが流行していた時期に比べると
かなり見かける頻度は少なくなったように感じるが、貫禄の4桁。
頑強という再利用しづらいメカニズムも要因かもしれない。


モダン:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1,700~2,000円

inquisitionofkozilek
inquisitionofkoziekprice
こいつも一度の再録を経て、一時期はワンコイン近くまで下がっていたが
今年のモダンシーズン開幕と同時に、ゼンディカーから開放されたエルドラージのように
みるみる価格が上昇していった。いわゆる、「再録したのに再録前より高騰」現象だ。


モダン:《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
4,500~4,800円

linvalakeeperofsilence
linvalakeeperofsilence
これはこの間少しだけ上昇した。
ご存知の通り、From the Vault: Angelsの発表だ。
再録されなかったから、上がった。実にシンプルな話だ。

これらを見ていると、モダンのマネーゲームの前にはアンコモンもレアも関係ないようだ。
一時期、モダンじゃなくてネダンだ、と揶揄されていたのが笑えなくなってくるな。
しかしながら、来年は国内でモダン・グランプリがないことを考えると、次回のモダンシーズンまでは
GP神戸後のように、値上がりは落ち着く(ともすれば、値下がる)と考えていいだろう。
また《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》については
戦乱のゼンディカー・ブロックでの再録も期待できるカードだ。


レガシー:《不毛の大地/Wasteland》
6,900~8,500円

wasteland
wastelandprice
昨年あたり、1万円近い価格をはじき出していたレガシーの代名詞カードも
じんわり落ち着きを見せ始めてきた。
特にレガシーのカードは在庫が動きにくい現状、オンラインと実店舗の価格とで
差が大きいケースもあったりする。
今の奇跡とオムニテルが上位を占めているメタゲームでは
あまり活躍できていないのも事実だが、まだ持っていない諸君らからすれば
6,000円代なら買い、と考えている。

うむ。久しぶりに、戦闘中に真面目に計算したな。
もちろん分かっていると思うが、ここでの価格や考察は参考情報だ。
信じるも信じないも自分次第…損をした時は我がオルゾフ教団が優しく保護してやろう。債務者として

oshiete
皆さんお久しぶり。モダン・シーズンも一区切りついて
値動きも落ち着いてしまい、すっかり出番もなくなってしまった債務の騎士だ。

今日はモダン・レガシーにも大きな影響を与えそうなニュースがある。

マロー公式tumblrより―戦乱のゼンディカーの対抗色フェッチランド再録はなし
http://markrosewater.tumblr.com/post/125946926763/first-of-all-love-your-work-secondly-any-chance
marshflatsverdantcatacombmistyrainforest
scaldingtarnaridmesa
scaldingtarnprice
これをみて、早速旧ゼンディカー収録の対抗色フェッチランドが軒並み価格を上げている。
友好色フェッチランドの再録で値動きを落ち着かせた対抗色フェッチだが
まさに青天の霹靂といったところだろうか。

しかしショックランドがある限り、ほとんどのデッキは友好色フェッチで十分代用が利くはずなので
今回の騒動でダメージを受ける人は少ないと思うが、
これからモダン、レガシーを始めるプレイヤーは土地だけでも早めに揃えておいた方がよさそうだ。

↑このページのトップヘ