カテゴリ: オルゾフ組会報

oshiete
こんにちは。債務の騎士だよ。
今日も高くなったカード、安くなったカード、両方を紹介していくよ。
始めたばかりの人からみると「どれも高いよ!」となってしまうのは内緒だよ。


モダン:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
1,200~1,500円

kitchenfinks
kitchenfinksprice
まずはモダンの中堅クリーチャーがとんでもない値段で登場だ。
一度再録されているうえ、少し前のバーンが流行していた時期に比べると
かなり見かける頻度は少なくなったように感じるが、貫禄の4桁。
頑強という再利用しづらいメカニズムも要因かもしれない。


モダン:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1,700~2,000円

inquisitionofkozilek
inquisitionofkoziekprice
こいつも一度の再録を経て、一時期はワンコイン近くまで下がっていたが
今年のモダンシーズン開幕と同時に、ゼンディカーから開放されたエルドラージのように
みるみる価格が上昇していった。いわゆる、「再録したのに再録前より高騰」現象だ。


モダン:《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
4,500~4,800円

linvalakeeperofsilence
linvalakeeperofsilence
これはこの間少しだけ上昇した。
ご存知の通り、From the Vault: Angelsの発表だ。
再録されなかったから、上がった。実にシンプルな話だ。

これらを見ていると、モダンのマネーゲームの前にはアンコモンもレアも関係ないようだ。
一時期、モダンじゃなくてネダンだ、と揶揄されていたのが笑えなくなってくるな。
しかしながら、来年は国内でモダン・グランプリがないことを考えると、次回のモダンシーズンまでは
GP神戸後のように、値上がりは落ち着く(ともすれば、値下がる)と考えていいだろう。
また《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》については
戦乱のゼンディカー・ブロックでの再録も期待できるカードだ。


レガシー:《不毛の大地/Wasteland》
6,900~8,500円

wasteland
wastelandprice
昨年あたり、1万円近い価格をはじき出していたレガシーの代名詞カードも
じんわり落ち着きを見せ始めてきた。
特にレガシーのカードは在庫が動きにくい現状、オンラインと実店舗の価格とで
差が大きいケースもあったりする。
今の奇跡とオムニテルが上位を占めているメタゲームでは
あまり活躍できていないのも事実だが、まだ持っていない諸君らからすれば
6,000円代なら買い、と考えている。

うむ。久しぶりに、戦闘中に真面目に計算したな。
もちろん分かっていると思うが、ここでの価格や考察は参考情報だ。
信じるも信じないも自分次第…損をした時は我がオルゾフ教団が優しく保護してやろう。債務者として

debttech
バーン。
マジックとともに歴史を刻んできたカード、《稲妻/Lightning Bolt》の昔から
由緒正しいアーキタイプとして、黒単に並んで根強い人気のあるデッキだ。
lightningbolt
Full Foil Burn - Yamakoshi Nozomi Finalist at MMFC on 8/9/2015
Creature(12)
4 《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4 《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
4 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》

Spell(29)
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》
4 《Chain Lightning》
4 《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
4 《発展の代価/Price of Progress》
2 《灼熱の血/Searing Blood》
4 《火炎破/Fireblast》
2 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1 《極上の炎技/Exquisite Firecraft》
Land(19)
10《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》
4 《乾燥台地/Arid Mesa》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》

Sideboard
2 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《精神壊しの罠/Mindbreak Trap》
3 《粉々/Smash to Smithereens》
2 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2 《難問の鎮め屋/Vexing Shusher》
基本的な構成は変わらないが、使い手ごとに独自のチューンがあるのも
バーンの面白いところだ。
ヤマコシは早速、マジックオリジンの新カード《極上の炎技/Exquisite Firecraft》を投入。
過去に幾つか存在した"3マナ4点火力"の事実上、上位互換であるこのカードは
「最後の一撃だけ打ち消せばよい」とライフ計算を誤った対戦相手を葬る炎となる。
exquitefirecraftsearingbloodsearingblaze
《焼尽の猛火/Searing Blaze》ではなく
《灼熱の血/Searing Blood》を採用しているのも独自の点といえるだろう。
どちらも一長一短だが、クリーチャーがいればほぼ確実に仕事をする《灼熱の血/Searing Blood》と
それに加えてフェッチランドがなければ十二分とは言えない《焼尽の猛火/Searing Blaze》。
安定性やメタゲームを重視したヤマコシらしいチューンだ。
vexingsusher
サイドボードは完全に青いデッキをメタっている。
《難問の鎮め屋/Vexing Shusher》なんて、よほど青いデッキが多いと踏まない限り
容易に投入できるものではない。しかしそれで準優勝という結果を残しているのだから
ヤマコシのメタゲームの妙が光っているレシピといえるだろう。

この夏、フェアデッキにはスピードで、青いデッキにはサイドボードで勝てる
バーンという選択肢が、レガシーを熱くさせるのは間違いなさそうだ。

oshiete
皆さんお久しぶり。モダン・シーズンも一区切りついて
値動きも落ち着いてしまい、すっかり出番もなくなってしまった債務の騎士だ。

今日はモダン・レガシーにも大きな影響を与えそうなニュースがある。

マロー公式tumblrより―戦乱のゼンディカーの対抗色フェッチランド再録はなし
http://markrosewater.tumblr.com/post/125946926763/first-of-all-love-your-work-secondly-any-chance
marshflatsverdantcatacombmistyrainforest
scaldingtarnaridmesa
scaldingtarnprice
これをみて、早速旧ゼンディカー収録の対抗色フェッチランドが軒並み価格を上げている。
友好色フェッチランドの再録で値動きを落ち着かせた対抗色フェッチだが
まさに青天の霹靂といったところだろうか。

しかしショックランドがある限り、ほとんどのデッキは友好色フェッチで十分代用が利くはずなので
今回の騒動でダメージを受ける人は少ないと思うが、
これからモダン、レガシーを始めるプレイヤーは土地だけでも早めに揃えておいた方がよさそうだ。

orzhovaiconolatry
ようこそ大聖堂へ。
終末を迎える信徒のために
教団の推し聖人(セイント)を紹介させていただきます。
聖人を敬い、崇め、悔い改めなさい。そうすれば、道は開けるでしょう。

本日は、かのテイサ・カルロフの肖像画を描くという大役を担い
見事、聖人としての責務を果たされたKarla Ortiz様でございます。
teysaenvoyofghosts

Karla Ortiz
最近の奇跡では、グランプリLas Vegasにおける復活が有名です。
Karla様はドラゴンの迷路よりマジックのイラストレーションを担当され
その後統率者2013、2014と、過去の次元でカード化されなかった人物のアートなど
新人とは思えない手腕で多くの信徒にその名を轟かせました。

彼女の特徴は印象派風の作画スタイルとゴシックなモチーフの選定。
まさに白と黒、イニストラードの世界観とマッチしています。
彼女こそ、イニストラード、いや、オルゾフの女神なのです!
gisaghoulcaller
vindicate
ソリン・マルコフ出演のジャッジ褒章《名誉回復/Vindicate》はあまりにも有名です。
白と黒のカードを描かせて、彼女の右に出る者はいないでしょう。

lilianaboth
直近では《異端の癒し手、リリアナ/Liliana, Heretic Healer》のアートが話題になりました。
皆さんはもう4枚集めましたか。集めていない信徒は《オブゼダートの大口/Maw of Obzedat》行きですよ。
私はまだ3枚です。

さて、今回の礼拝はここまでです。
今後も各界の著名人、カリスマを聖人として祀り上げますので
ここ《取引の教会、オルゾヴァ/Orzhova, Church of Deals》でお待ちしております。

shirosoma2
意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、我々天使が活躍した期間は短く
ごく最近のことがほとんどです。《セラの天使/Serra Angel》様はアンコモンですし、
白のレアの大型クリーチャーとして最初期にデザインされたのは
プレイヤーの分身、《現し身/Personal Incarnation》であり、それはアバターでした。
personalincarnationserapharcangel
今でこそ基本セットのレアには1体、天使の枠が設けられているのが当たり前ですが
最初に基本セットのレアとして収録された天使は5版のこと。ショートカットが素敵なおば…お姉様、
《熾天使/Seraph》様でございます。パワハr…その内包的な魅力で敵の配下を改心させ
味方として蘇らせるダイナミックなカードとしてデザインされました。
この蘇生というのは今でも白、および天使のサブテーマとして受け継がれております。

6版ではヴィジョンズの《大天使/Arcangel》様が再臨され、美麗なイラストで人気を集めましたが
やはりどちらかというとコレクター的需要が中心。カードとしての能力は今一つというところでありました。

このように、初期の天使は白の看板というには本当に看板だけであり、当時のウィザーズが
「白はウィニーでビートダウンする色」では地味すぎると判断したかどうかはわかりかねますが
地味な実態を脚色するために印刷された、プロパガンダ的存在だったのです。
悲しい哉、人工的な存在である天使らしい出自かと思います。

karmicguideblinkingangelexaltedangel
《セラの天使/Serra Angel》様以来、ようやくトーナメント・レベルの天使が登場するようになったのが
プレインズウォーカー、セラの次元がクローズアップされたウルザ・ブロックです。
《霊体の先達/Karmic Guide》様はエクステンデッドのコンボデッキで大活躍されました。
コントロールデッキのフィニッシャー、《まばゆい天使/Blinking Angel》様は
いわゆるヘイトベアの上位種、拘束系天使の先駆けでもありました。
《賛美されし天使/Exalted Angel》様は説明不要。当時、白い悪魔の呼称を我が物にした
待望の戦闘能力に特化した天使です。

こうして天使の数が増えていくにつれ、蘇生能力を持つ蘇生系、エンチャントのように
相手の行動を阻害する拘束系、単純なサイズや戦闘向きの能力に優れる戦闘系の3つに
天使というクリーチャーは大分できることがおわかりいただけるかと思います。

platinumangelangelofdespairakromaangeloffury
しかしながら、せっかく盛り上がってきた白い天使の灯火もまた一旦、落ち込むことになってしまいます。
金属次元、ミラディンでは《白金の天使/Platinum Angel》という精巧な彫像が登場いたしました。
和の世界である神河では天使が登場せず、続くラヴニカでは
《絶望の天使/Angel of Despair》という堕天使が現れますが、彼女もまた、白単色ではありません。
トーナメント級の白単色の天使が現れないのです。これは由々しき事態でもありました。

しかし、神は我々を見捨てることはありませんでした。
終わらない夜が無いように、夜明けがやってきたのです。

serraavengertwilightshepherdbaneslayerangel
長らく孤独に戦ってきた《セラの報復者/Serra Avenger》様を迎えに来たのは
盟友Jason Chanのイラストを引っさげていらした《黄昏の番人/Twilight Shepherd》様でした。
クリーチャーの質が急激に上がったローウィン次元で、トーナメントレベルとまではいかなかったものの
今までの天使と一線を画した、ヴェールでご尊顔を隠した井出達に
全国の天使コレクターたちは涙を流して感激したものです。

その後、今でも戦闘系の頂点に君臨する《悪斬の天使/Baneslayer Angel》様のご活躍は
皆さんも知っての通りかと思います。M10以降、基本セットの天使のレア(および神話レア)枠は
ほぼ確立されたといってよいでしょう。

ionashieldofemeria
その後も、安定して天使には活躍の場が与えられます。
誰も封印に触らぬよう、民に《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, Aeons Torn》を
神として崇めさせたため、信仰心が生み出してしまった《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》様。
専らレガシーのリアニメイトやオムニテルデッキで呼び出されています。

restorationangelangelofglorywakeavacynangelofhope
そして待望の天使がテーマのセット、アヴァシンの帰還では
スタンダードで大暴れし、現在もモダンで使われる《修復の天使/Restoration Angel》様、
人間リアニメイトというコンボデッキを成立させた《栄光の目覚めの天使/Angel of Glory's Rise》様、
EDHで活躍する本人《希望の天使、アヴァシン/Avacyn, Angel of Hope》様と
エキスパンションテーマに恥じぬ天使を輩出いたしました。

angelofserenityarcangelofthunearcangeloftithes
現在、巨額なマナコストに見合った尊大な能力、コストパフォーマンスに優れた中型フィニッシャー、
どちらもこなす白のクリーチャーは天使しかあり得ません。
アバターや執政官ではどちらかしかこなせないこの仕事、ウィザーズもようやく気付いたことでしょう。
オリジンを最後に基本セットはなくなってしまいますが、今後2ブロック連続で
天使のいない次元が舞台にならない限り、我々天使の隆盛は途切れることはないのです。

あなたの心が信仰と供にある限り、天使はいつでも駆けつけてくるのです。

↑このページのトップヘ