カテゴリ: Legacy Decks

bugdelver

その執拗さと対応力から、
逃げる術なし―


creatures (16)
3 《闇の腹心/Dark Confidant》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》


lands (18)
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Tropical Island》
3 《Underground Sea》
4 《不毛の大地/Wasteland》


spells (26)
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《目くらまし/Daze》
2 《見栄え損ない/Disfigure》
3 《Force of Will》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
3 《もみ消し/Stifle》
4 《思案/Ponder》


sideboard
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《冬の宝珠/Winter Orb》
1 《方向転換/Divert》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《Force of Will》
1 《喉首狙い/Go for the Throat》
1 《残忍な切断/Murderous Cut》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
2 《湿地での被災/Marsh Casualties》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
cancerabberationabruptdecay
テンポデッキの中でも随一の"丸さ"を
持つデッキ、それがスゥルタイデルバーこと
BUGデルバーです。

《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》を
始めとした、高速クロックを送り出し
カウンターで守る―デルバーの基本の動きに
《突然の衰微/Abrupt Decay》が加わることで
相手の場が整うまでにゲームを決めやすく
とにかく組しづらいデッキになっています。

過去にはメインから手札破壊や
《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》を
搭載したミッドレンジ型もありましたが
ここ最近のトレンドは打ち消しが中心の
スピードに特化したタイプのようです。
それだけ、レガシーという環境が
高速化しているということかもしれません。
winterorbmarshcalamities
多彩なサイドボードもBUGカラーの特徴です。
遅いデッキは《冬の宝珠/Winter Orb》で
足止めをくらわせ、相手の
《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》や
《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》は
《湿地での被災/Marsh Casualties》で
一方的に押しつぶしてきます。

一見、弱点がなさそうに見えるBUGデルバー。
しかしよく見ると、メインで取っている除去が
5枚しかなく、無条件のものもありません。
生物に特化したデッキやマナ域の広いデッキは
有利に立ち回れそうです。

妨害と対応力に特化したBUGデルバー。
しかし、このデッキを安定して相手できるように
なれば、テンポ相手の立ち回りをかなり
理解できたと言えるでしょう!

Tier上位と思われるもの中心
随時更新予定

・テンポ
bugdelver
-RUGデルバー
-BURデルバー
-WURデルバー(Patriot)
-バーン

・ミッドレンジ
-WUB石鍛冶
-WUR石鍛冶
-BUG続唱

・コンボ
-ANT
-スニークショー
-リアニメイト
-ペインター
-ベルチャー
-ドレッジ

・コントロール
-奇跡
-土地単
-POX

・ビッグマナ
-MUD
-ストンピィ
-12ポスト
-Nic-fit

↑このページのトップヘ