カテゴリ: 大会結果

先週末は海を越え、SCG Classicというイベントと
広島オープントーナメントにてレガシーが開催。

StarCityGames Classic Legacy at Las Vegas on 12/13/2015
Winner UBRデルバー/Grixis Delver
Finalist ANT/Ad Nauseam Tendrils
3rd Place BUG続唱/Shardless Sultai
4th Place スニークショウ/Sneak Show
5th Place オムニテル/Omni-tell
6th Place マーベリック/Abzan Maverick
7th Place UBRデルバー/Grixis Delver
8th Place ANT/Ad Nauseam Tendrils

creatures (2)
2 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》


lands (19)
3 《島/Island》
2 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《Underground Sea》
1 《Volcanic Island》
2 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》


spells (39)
4 《全知/Omniscience》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《狡猾な願い/Cunning Wish》
4 《Force of Will》
1 《衝動/Impulse》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《祖先の記憶/Ancestral Memories》
3 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《思案/Ponder》
4 《定業/Preordain》
4 《実物提示教育/Show and Tell》


sideboard
3 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
1 《エラダムリーの呼び声/Eladamri's Call》
1 《電謀/Electrickery》
1 《火想者の予見/Firemind's Foresight》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《直観/Intuition》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《蟻の解き放ち/Release the Ants》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《拭い捨て/Wipe Away》
2 《虐殺/Massacre》
ancestralmemoriesdig
《時を越えた探索/Dig Through Time》禁止後、
デッキとしての成立が危ぶまれ、解体する者、
スニークショウに乗り換える(組み戻す)者が
後を絶たない、前環境の覇者オムニテル。
こちらはディグの代用品として
《祖先の記憶/Ancestral Memories》を採用。
一部で話題騒然となったデッキです。
基本的には《全知/Omniscience》設置後に
撃つカードですが、経験則的に素撃ちすることも
多々あると思われます。その際、墳墓と母聖樹の
2つのダメージランドは少々辛そうです。
masscreyoungpyromancer
またデュアルランドが1枚ずつしか採用しておらず
《虐殺/Massacre》はまだしも、
《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》3枚というのは
中々思い切った構築です。
いずれにしても、まだまだオムニテルは研究余地の
残されたデッキということが窺い知れますね!


U/W Stoneblade - Alexander Lapping12th Place at StarCityGames.com Classic on 12/13/2015
creatures (7)
3 《別館の大長/Chancellor of the Annex》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》


lands (21)
6 《島/Island》
7 《平地/Plains》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《Tundra》
1 《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》
1 《Karakas》


spells (32)
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
3 《金属モックス/Chrome Mox》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《弱者の剣/Sword of the Meek》
4 《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》
2 《拘留の宝球/Detention Sphere》
4 《対抗呪文/Counterspell》
4 《Force of Will》
4 《祖先の幻視/Ancestral Vision》
4 《至高の評決/Supreme Verdict》


sideboard
2 《Helm of Obedience》
4 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
1 《盲従/Blind Obedience》
1 《拘留の宝球/Detention Sphere》
1 《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》
1 《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
4 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
chancelloroftheannexchromemoxancestralvision
12位にはこれまた意欲作が登場。
《別館の大長/Chancellor of the Annex》を使用した
青白石鍛冶です。石鍛冶の名を冠してはいるものの
奇跡に近い、コントロールデッキのようです。
初手にあるとオート《目くらまし/Daze》として機能する
大長は、公開→《金属モックス/Chrome Mox》に刻印
することで爆発的にテンポを稼ぐことができます。
その間に《虚空の杯/Chalice of the Void》を設置したり
《祖先の幻視/Ancestral Vision》を待機する、
ソプターコンボを決める…など、能動的に動くことも
できるため、奇跡とは違うアプローチも納得です。
thopterfoundryswordofthemeek


ここ最近一大勢力となっている土地/Lands系
デッキですが、またまた新星が登場。
ハンデスと土地サーチだけで
《暗黒の深部/Dark Depths》からのマリット・レイジ
発射に命をかけた、スゥルタイ・デプスです。
darkdepthsvampirehexmagecroplotation
《輪作/Crop Lotation》と《森の占術/Sylvan Scrying》
《探検の地図/Expedition Map》と土地サーチを
惜しみなく投入。これだけあればすごい確率で
4ターン目に20/20のクリーチャーが駆け抜けそうです。
サイドボードから《不毛の大地/Wasteland》への
溢れんばかりの殺意を感じるのもポイント(笑)

本当に土地を利用したデッキが増えてきました。
テンポやコンボなど、高速デッキの復権が待たれます。

Hiroshima Open Tournament Legacy at Johnny No Omise on 12/13/2015
1st Place 奇跡/Miracles
2nd Place
12ポスト/12 Post
3rd Place リアニメイト/Reanimator
4th Place UBRデルバー/Grixis Delver
5th Place WUB石鍛冶/Esper Stoneblade
6th Place 奇跡/Miracles
7th Place UBRデルバー/Grixis Delver
8th Place (Winner) 奇跡/Miracles

Spell(34)
4 《Force of Will》
4 《相殺/Counterbalance》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《対抗呪文/Counterspell》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《思案/Ponder》
4 《終末/Terminus》
4 《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1 《議会の採決/Council’s Judgment》

Land(22)
3 《Tundra》
2 《Volcanic Island》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《乾燥台地/Arid Mesa》
4 《島/Island》
2 《平地/Plains》
1 《山/Mountain》


Creature(4)
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》


Sideboard
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1 《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《血染めの月/Blood Moon》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《天使への願い/Entreat the Angels》
1 《摩耗/Wear》
ところかわって日本は広島。
50人近く集まった今大会ではGP京都で
一世を風靡した所謂CTM(Counter-Top Mentor)型の
奇跡コントロールが優勝、そしてTOP8に3人を輩出。
西日本はまだまだ奇跡が強いようです。

"日本はBUG続唱が少ない"とよく言われていますが
BUGを唯一弱点とする奇跡が国内で結果を出すことで
まさにそんな俗説を裏付ける格好となっています。
誰がこの牙城を崩すのか!?年末のイベントも期待です。

ハンデス、ドロー、巨大クリーチャー…
ややスピードに欠けるものの、それ以外の全てを兼ね備えた
レガシーを語る上で欠かせないデッキ、スゥルタイことBUG。
今週はそんな青黒緑躍進の週でした!

BUG Delver - Uchiyama Yasuyuki Winner at
BigMagicInvitational Qualifier at Cardshop Alice on 12/06/2015
Spells(29)
4 《Force of Will》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《目くらまし/Daze》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《見栄え損ない/Disfigure》
2 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》


Lands(18)
3 《Underground Sea》
3 《Tropical Island》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4 《不毛の大地/Wasteland》


Creatures(13)
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》


Sideboard
1 《森の知恵/Sylvan Library》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1 《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1 《ディミーアの魔除け/Dimir Charm》
1 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《被覆/Envelop》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
delverofthesecretsdeathriteshamanabruptdecay
ともすればダーティなカラーリングとは裏腹に
かなり対応力の高い(丸い)構成が特徴のBUG。
ウチヤマはハンデスの枠をカットし、
テンポ阻害と除去呪文を増量したBUGデルバーで
BigMagicInvitationalへの切符を手に入れました。
遅めのフェアデッキがこの妨害のを掻い潜るのは
至難の技です!

といえば…

StarCityGames Legacy Premier IQ at Denver on 12/06/2015
Winner RUGデルバー/Temur Delver
Finalist BUG続唱/Shardless Sultai
3rd Place WUB石鍛冶/Esper Stoneblade
4th Place 青赤双子/UR Twin
5th Place バーン/Burn
6th Place 赤単ペインター/Imperial Painter
7th Place BUG続唱/Grixis Delver
8th Place BUG続唱/Grixis Delver

spells (30)
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《もみ消し/Stifle》
3 《Chain Lightning》
4 《思案/Ponder》


lands (18)
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Tropical Island》
3 《Volcanic Island》
4 《不毛の大地/Wasteland》


creatures (12)
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》


sideboard
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
2 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《炎の嵐/Firestorm》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《水没/Submerge》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《乱暴/Rough》
BUGと双璧を成すレガシーの代名詞、
カナディアンスレッショルド。
SCGInvitationalを突破したこのデッキでは
《Chain Lightning》に《炎の嵐/Firestorm》
かなりバーン色の濃い仕上がりに調整されています。
firestormroughtumble
成長させたデルバー、マングース、タルモゴイフは
被害を受けない、《乱暴/Rough》にも注目。

Shardless Sultai - Dylan Nollen
Finalist at StarCityGames.com Premier IQ on 12/06/2015
Spells(24)
3 《Force of Will》
2 《Hymn to Tourach》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《祖先の幻視/Ancestral Vision》
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》


Lands(22)
1 《沼/Swamp》
2 《Bayou》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《Tropical Island》
3 《Underground Sea》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《不毛の大地/Wasteland》

Creatures(14)
2 《悪意の大梟/Baleful Strix》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4 《断片無き工作員/Shardless Agent》


sideboard
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《サーボの網/Tsabo's Web》
2 《虚空の力線/Leyline of the Void》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《Force of Will》
1 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1 《誤った指図/Misdirection》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《魂の裏切りの夜/Night of Souls' Betrayal》
1 《Hymn to Tourach》
1 《虐殺/Massacre》
惜しくもそのカナディアンスレッショルドに敗れたものの
TOP8に3人を輩出したのがこのBUG続唱です。
BUGデルバー以上にスピードはないものの
執拗なまでのクリーチャーヘイトカードは
生物主体デッキの息の根を止めます。
その分、コンボへの耐性はやや下がっているので
そこが狙い目…かもしれません!

パニッシング・アブザン
少し前からレガシーを続けている人なら
罰する火マーベリックと言った方が
わかりやすいかもしれないこのデッキ―
今回SCGOpenを制したのはこの、
フェアデッキが裸足で逃げ出す4色でした。

StarCityGames Legacy Open at Somerset on 11/28/2015
Winner 罰する火マーベリック/Punishing Abzan
Finalist ANT/Ad Nauseam Tendrils
3rd Place 奇跡/Miracles
4th Place ANT/Ad Nauseam Tendrils
5th Place 土地単/Lands
6th Place エルフ/Elves
7th Place UBRデルバー/Grixis Delver
8th Place 奇跡/Miracles

lands (25)
1 《森/Forest》
1 《Badlands》
2 《やせた原野/Barren Moor》
2 《Bayou》
3 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
1 《Maze of Ith》
1 《Savannah》
1 《Scrubland》
1 《Taiga》
1 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《Karakas》


spells (24)
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
2 《森の知恵/Sylvan Library》
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《罰する火/Punishing Fire》
2 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
2 《壌土からの生命/Life from the Loam》
3 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》


creatures (11)
4 《闇の腹心/Dark Confidant》
4 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》


sideboard
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
3 《虚空の力線/Leyline of the Void》
1 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
1 《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》
1 《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
moxdiamondlifefromtheloamkotm
groveofburningwillowpanishingfirechaliceofthevoid
《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》で
優秀な緑のクリーチャーをシルバーバレットして
戦うマーベリック。ここ最近は
《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》や
《突然の衰微/Abrupt Decay》のために黒を
タッチしたタイプが主流でしたが
このデッキはさらに《罰する火/Punishing Fire》
+《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》の
パッケージを採用する欲張り仕様。
横に並べるデッキや、プレインズウォーカーに
頼った奇跡デッキをこれでもかとメタっています。

ならばコンボデッキに弱いのかというとそうでもなく
《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》を絡めて
1ターン目に《虚空の杯/Chalice of the Void》を
置くと、大体のデッキは沈黙してしまうでしょう。


lands (29)
2 《Bayou》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
2 《宝石鉱山/Gemstone Mine》
2 《マナの合流点/Mana Confluence》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《セジーリのステップ/Sejiri Steppe》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
1 《Tropical Island》
1 《Underground Sea》
1 《不毛の大地/Wasteland》
4 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
4 《暗黒の深部/Dark Depths》

spells (27)
3 《探検の地図/Expedition Map》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《輪作/Crop Rotation》
2 《強迫/Duress》
2 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3 《森の占術/Sylvan Scrying》
4 《思考囲い/Thoughtseize》

creatures (4)
4 《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》

sideboard
4 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《クローサの掌握/Krosan Grip》
4 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》
ここ最近一大勢力となっている土地/Lands系
デッキですが、またまた新星が登場。
ハンデスと土地サーチだけで
《暗黒の深部/Dark Depths》からのマリット・レイジ
発射に命をかけた、スゥルタイ・デプスです。
darkdepthsvampirehexmagecroplotation
《輪作/Crop Lotation》と《森の占術/Sylvan Scrying》
《探検の地図/Expedition Map》と土地サーチを
惜しみなく投入。これだけあればすごい確率で
4ターン目に20/20のクリーチャーが駆け抜けそうです。
サイドボードから《不毛の大地/Wasteland》への
溢れんばかりの殺意を感じるのもポイント(笑)

本当に土地を利用したデッキが増えてきました。
テンポやコンボなど、高速デッキの復権が待たれます。

どうも!先月のBMOから長らく続いた遠征シーズンも終わり
ようやく更新頻度が戻ってきそうです。ムンナです。

先週末はグランプリ神戸本戦に参加し、6-3で2日目に残れず。
あと一勝が遠い結果でしたが競技マジックへのモチベーションは上がりました!

さて、ヴィズ速はレガシーブログなのでまずは早速、
土曜日に開催された日本レガシー選手権の結果を!

Japan Legacy Championships at GP Kobe on 11/21/2015
Winner URgカウンターバーン/URg Burn
Finalist 緑白ポスト/WG Post
TOP8 ANT/Ad Nauseam Tendrils
TOP8
BUG続唱/Shardless Sultai
TOP8 奇跡/Miracles
TOP8 発掘/Dreadge
TOP8 RUGデルバー/Temur Delver
TOP8 UBRデルバー/Grixis Delver

Spell(31)
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《目くらまし/Daze》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《Chain Lightning》
1 《発展の代価/Price of Progress》
3 《火炎破/Fireblast》
3 《強大化/Become Immense》

Land(17)
4 《Volcanic Island》
2 《Taiga》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《山/Mountain》


Creature(12)
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》


Sideboard
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《被覆/Envelop》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2 《発展の代価/Price of Progress》
2 《粉々/Smash to Smithereens》
3 《水没/Submerge》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
なぜかグランプリ本戦初日と被ってしまったため
参加者90名と、やや寂しい人数で開催された
日本レガシー選手権。
優勝を飾ったのは新種のURデルバーと言うべきか。
限りなくバーン要素の濃いカウンターバーン!
fireblastyoungpyromancermonasteryswiftspear
《宝船の巡航/Treasure Cruise》全盛期に躍進を遂げた
カウンターバーンデッキ。
しかし《宝船の巡航/Treasure Cruise》は禁止され、
《時を越えた探索/Dig Through Time》も禁止され、
もう探査は悪用できないし、されないだろう…

いいえ。そんなことはありませんでした!
treasurecruisedig
第三の探査カードとして白羽の矢が立ったのは
なんと《強大化/Become Immense》
becomeimmense
今まではカードアドバンテージの観点から
この探査カードのスロットが考えられてきましたが
今度はダメージ効率という、新たな視点のカード!
これまたバーン戦略とガッチリ噛み合う、
素晴らしい選択だと思います。
force of will
ちなみにこのデッキ、よくよくリストを眺めると
《Force of Will》が採用されていません。
バーンタッチカウンターであるカウンターバーンでは
しばしばサイドボードに押し込まれているカードでは
あるものの、レガシーを代表するカウンターを
簡単にオミットするのは、高速コンボがいないと
しっかりとメタを読みきる力がないとそうそうできません。

下手をすると2Killすらありうる新型カウンターバーン!
これは秋の台風の目になりそうです。

ついにこの時がやってきてしまった…。
レガシーで行われたグランプリ、シアトル・タコマ。
優勝は土地単デッキです!

Grand Prix Seattle-Tacoma on 11/5/2015
Winner 土地単/Lands
Finalist BURデルバー/Grixis Delver
3rd Place 奇跡/Miracles
4th Place リアニメイト/Reanimator
5th Place BUG続唱/Shardless Sultai
6th Place BURデルバー/Grixis Delver
7th Place 魔の魅惑/Aluren
8th Place BUG続唱/Shardless Sultai

land (35)
2 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
4 《不毛の大地/Wasteland》
1 《裂け岩の扉/Riftstone Portal》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《森/Forest》
2 《Taiga》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《暗黒の深部/Dark Depths》
3 《Maze of Ith》
1 《Glacial Chasm》


Spells(25)
4 《壌土からの生命/Life from the Loam》
4 《ギャンブル/Gamble》
4 《輪作/Crop Rotation》
4 《罰する火/Punishing Fire》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4 《踏査/Exploration》
1 《マナ結合/Manabond》


sideboard (15)
1 《Karakas》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
4 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《溶鉄の渦/Molten Vortex》
4 《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
2 《窒息/Choke》
explorationgroveofburningwillowpanishingfire
レガシーでは珍しい青くないデッキ、土地単。
そもそも、成立時は50~40枚くらいあった土地の枚数も
どんどん削られて、もはや土地"単"って名称はどうなの?
という疑惑も無くはないデッキとして有名ですね。


・その戦略
《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》、《踏査/Exploration》で
マナ加速し、《罰する火/Punishing Fire》、《Maze of Ith》で盤面を掌握。
終盤になれば、《暗黒の深部/Dark Depths》と
《演劇の舞台/Thespian's Stage》で一気にゲームを決めてしまいます。
一撃必殺を内包したコントロール、というところで、
奇跡/Miraclesデッキとも共通点を見つけられますね。


・強み
wastelandlifefromtheloam
これだけ特殊地形が入っているのだから、
《不毛の大地/Wasteland》が効かないはずがない!
というのが対戦して一番最初に抱く感想なのですが
その実、《壌土からの生命/Life from the Loam》のせいで
一時凌ぎにしかならないのが実情です。正直、全く効果ないです。
今回のグランプリで一番採用率が多かったのが
この《不毛の大地/Wasteland》ということですから、
それを無視できた土地単が優勝、というのも頷ける話です。


・弱点
青くないところ。
《罰する火/Punishing Fire》、《輪作/Crop Rotation》以外は
見えている情報で戦うことになるため、妨害を気にせず動ける
コンボデッキが最大の弱点…だったのですが
先日の《時を越えた探索/Dig Through Time》禁止により
筆頭格のオムニテルがその数を急激に減らしました。
今回の優勝の最大の要因はまさにそこだと思われます。

また、土地単なんて名前のくせに
土地事故が結構頻繁に起こります。
これだけ無色土地や、マナの出ない土地が入っていれば当然です。
そのため、テンポを取られて負けることがよくあるので
息切れ覚悟で序盤から呪文を打ち消していけば
フェアデッキでも勝てる…かも?
tabernacleatthependrelvalerishadanport
青くないデッキの既成概念を打ち崩す土地単デッキ!
名前の長い土地さえ何とかなればもう少し普及しそうではありますが
全国のフェアデッキ使いにとっては、このままでいて欲しくもあります!
《The Tabernacle at Pendrell Vale》よ、永遠に!

↑このページのトップヘ